季節はずれの海岸物語 (第1作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

季節はずれの海岸物語(第1作)』(きせつはずれのかいがんものがたり)では、1988年から1994年にかけてフジテレビで放送された同名のドラマの第1作目について説明する。全シリーズについては季節はずれの海岸物語を参照。

放送データ[編集]

  • 放送日:1988年1月1日(新春スペシャルとして放送)
  • 放送時間:23:45 - 25:00
  • 視聴率:11%

概要[編集]

以後14作続くシリーズの最初の作品である。以後出演が定着する渡辺美奈代山本陽一らは、登場しない。

また、田代まさし可愛かずみの二人に加え、田原俊彦今井美樹の二人をゲストに迎え、トークをする時間が放送時間の最初と最後の数分設けられていた。

出演[編集]

*太字が圭介の恋の相手

挿入歌[編集]

主題歌

劇中

最初の数分設けられていたトークに入る前にドラマのシーンの一部を放送しているときに「夏をあきらめて(サザンオールスターズ)」が流された(劇中では流れず)。

スタッフ[編集]

  • 企画 - 亀山千広(フジテレビ)、新井義春(D3 Company)
  • 監修 - 秋元康(SOLD OUT)
  • 脚本 - 遠藤察男(SOLD OUT)
  • プロデューサー - 新井義春(D3 Company)
  • 監督 - 多田羅敬二(D3 Company)
  • 製作協力 - D3 Company
  • 製作著作 - フジテレビ

関連項目[編集]