学之光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学之光
各種表記
ハングル 학지광
漢字 學之光
発音 ハクチグァン
日本語読み: がくのひかり

学之光』(がくのひかり)は在東京朝鮮人留学生「学友会」の機関紙である。

その内容は時事政談を除く言論学術文芸・珍談などで、漢字諺文混同体で書かれている。1914年4月2日に創刊され、1930年4月5日の終刊まで延べ29号発行されたが、その内数号は押収され、または紛失して、現在につたわらない。同誌は「学友会」を通して朝鮮人留学生の活動・思想を知るための貴重な資料であるだけでなく、投稿者の中には後に文壇で活動した者も多く、文学研究上からも重要な資料である。

各号の発行年とページ数[編集]

  • 第1号 1914年(大正3年)4月2日創刊
  • 第2号 1914年(大正3年)その他未詳
  • ○第3号 1914年(大正3年)12月3日刊 53ページ 非売品
  • ○第4号 1915年(大正4年)2月27日刊 55ページ 非売品
  • ○第5号 1915年(大正4年)5月2日刊 68ページ 定価13銭 郵税2銭
  • ○第6号 1915年(大正4年)7月23日刊 100ページ 奥付なし
  • 第7号 発売禁止
  • ※第8号 発売禁止 1916年(大正5年)初め(?) 49ページ
  • 第9号 発売禁止
  • ○第10号 1916年(大正5年)9月4日刊 60ページ 定価15銭 郵税2銭
  • ※第11号 1917年(大正6年)1月(?) 56ページ
  • ○第12号 1917年(大正6年)4月19日刊 63ページ 定価15銭 郵税2銭
  • ○第13号 1917年(大正6年)7月19日刊 104ページ 定価20銭 郵税2銭
  • ○第14号 1917年(大正6年)12月20日刊 75ページ 定価18銭 郵税2銭
  • ○第15号 1918年(大正7年)3月25日刊 82ページ 定価20銭 郵税2銭
  • 第16号 1918年(大正7年) その他不詳
  • ○第17号 1918年(大正7年)8月15日刊 75ページ 定価25銭 郵税2銭
  • ○第18号 ? 82ページ 奥付なし
  • ○第19号 1920年(大正9年)1月26日刊 78ページ 定価40銭 郵税2銭
  • ○第20号 1920年(大正9年)7月6日訂正再刊 48ページ 定価60銭 郵税2銭
  • ○第21号 1921年(大正10年)1月31日訂正再刊 84ページ 定価45銭 郵税2銭
  • ○第22号 1921年(大正10年)6月21日刊 102ページ 定価50銭 郵税2銭
  • 第23号 未詳
  • 第24号 未詳
  • 第25号 未詳
  • 第26号 未詳
  • ○第27号 1926年(大正15年)5月24日刊 160ページ 定価50銭
  • 第28号 1927年(昭和2年)3月10日刊 142ページ 奥付なし
  • ○第29号 1930年(昭和5年)4月5日刊 94ページ 定価30銭

「○」は太學社(1978年)により影印された号、「※」は布袋敏博が米国ワシントンの議会図書館で発見した号を示す。 (布袋敏博「『学之光』小考」『朝鮮文学論叢:大谷森繁博士古記念』白帝社、2002年)

『学之光』総目録[編集]

第3号1914年(大正3年)12月3日刊[編集]

  • 3号1 學之光第三号發刊에 臨하여…………張徳秀
  • 3号3 求하는靑年이 누구냐?…………玄相允
  • 3号7 謹告我半島父兄…………眉湖生
  • 3号10 理想的人物의實力과修養…………金永燮
  • 3号13 理想的婦人…………羅蕙錫
  • 3号14 人보다己를知함이必要함…………李周淵
  • 3号16 情感的生活의要求…………崔承九
  • 3号19 西亂原委録…………XY生
  • 3号26 文學의意義에關하야…………崔斗善
  • 3号28 企業論…………務實生
  • 3号31 英米人及佛國人의女子教育法比較…………閔圭植
  • 3号33 潜航艇의勢力…………JC生
  • 3号35 南朝鮮의新婦…………崔素月
  • 3号38 「犠牲」…………KY生
  • 3号41 奇火…………夢夢
  • 3号42 제야말로…………惡夢
  • 3号43 제야말노…………捫鼻室主人
  • 3号44 離別(謹히小星내님의呈허오)…………돌샘
  • 3号46 웨우러?(自問自答)…………悟然子
  • 3号46 寒菊…………小星生
  • 3号47 뿌르타스의雄辯…………鄭魯湜
  • 3号48 偉人의片影…………安廓
  • 3号51 慧星이 나타남…………仰天子

第4号1915年(大正4年)2月27日刊[編集]

  • 4号0 學之光의賛辭…………又醒
  • 4号1 新春을 迎하여…………張徳秀
  • 4号7 學之光에寄함…………嘯卯
  • 4号11 女子에도界自由왓네…………於江戶姜女史
  • 4号12 今日留學生의如何…………安廓
  • 4号15 말을靑年半島의게붓침…………玄相允
  • 4号20 讀學之光有感…………CY生
  • 4号21 我學友思想界를論함…………文羲天
  • 4号22 半島靑年의覺悟…………金利峻
  • 4号24 人生의一大戰闘…………金世光
  • 4号26 非常時代와결네…………李景俊
  • 4号28 新年을當하야留學生諸君에게呈함…………朱鐘建
  • 4号30 나와글방(學窓雑感)…………人文生
  • 4号34 低級의生存慾…………KS生
  • 4号35 余의新年祝辭…………鄭忠源
  • 4号36 朝鮮語價値…………安廓
  • 4号38 科學界의一大革命…………斗南公民
  • 4号41 西洋哲學史序論…………庾錫祐
  • 4号46 프리…………CK生
  • 4号47 내의가슴…………돌샘
  • 4号48 新年의노래…………五峰生
  • 4号49 申・朝君을보냄…………小星生
  • 4号49 벨지엄의 勇士…………崔素月
  • 4号50 名詩三篇…………夢夢
  • 4号51 가는時間…………雪汚生
  • 4号51 舊曲新調…………兩球生
  • 4号52 참새소리…………프른배
  • 4号52 古詞…………文羲天

第5号1915年(大正4年)5月2日刊[編集]

  • 5号2 思想改革論…………宋鎭禹
  • 5号5 復活者의世上은아름…………夢夢
  • 5号9 공화국의멸망(奇書)…………孤舟
  • 5号12 너를혁명하라…………崔承九
  • 5号18 새道徳論…………李相天
  • 5号23 社會의批判과밋標準…………玄相允
  • 5号27 半島今後의金融과生活改新의急務…………盧翼根
  • 5号30 二千年來留學의缺點과今日의覺悟…………安廓
  • 5号33 學之光에寄함…………尹顯振
  • 5号34 新衝突과新打破…………金錣洙
  • 5号39 意志의躍動…………張徳秀
  • 5号39 生活인가싸움인가…………文羲天
  • 5号47 朝鮮의美術…………安廓
  • 5号52 歷代歌(奇書)…………檀香
  • 5号56 夜半 外數種…………金億
  • 5号57 비오는져녁…………小星生
  • 5号58 山女…………流暗
  • 5号59 寂寞…………WC生
  • 5号60 못생긴所見…………愚夢
  • 5号62 漢詩數篇…………右山野人
  • 5号62 懷友詩 外一篇…………朴夏徵
  • 5号62 舊曲新調…………兩球生
  • 5号65 天使의微笑…………韓世復

第6号1915年(大正4年)7月23日刊[編集]

  • 6号17 余의直觀的所感…………朴珥圭
  • 6号23 歸路에臨하야…………申錫雨
  • 6号28 出陣하는勇士諸君에게…………金利峻
  • 6号32 吾儕의將來問題…………檢山村人
  • 6号35 우리의 의무…………吳秉殷
  • 6号37 아々兄弟여…………鄭忠源
  • 6号39 卒業生이되여諸君의게希望하난바…………姜周漢
  • 6号40 靑年의活躍…………河相昱
  • 6号41 膽력을양하라…………無名人
  • 6号42 때와卒業生……………………金敎玹
  • 6号42 送春有感…………金泳濬
  • 6号43 强力主義와朝鮮靑年…………玄相允
  • 6号49 朝鮮産織奬勵契에對하야…………李康賢
  • 6号52 經濟振興한余의意見…………盧翼根
  • 6号57 今日우리의갈길…………한결
  • 6号58 吾人의理想…………秋松生
  • 6号60 藝術的生活(H君에게)…………金億
  • 6号62 吾人의特有한力의價値를發揮하여라…………李應南
  • 6号64 朝鮮의文學…………安廓
  • 6号73 不滿과要求…………崔承九
  • 6号80 한끗…………流暗
  • 6号82 外國人…………夢夢

第8号 発売禁止 1916年(大正5年)初め(?)[編集]

  • 8号 强者의努力…………邊鳳現
  • 8号 녜이마에針한개…………尹顯振
  • 8号 살아라…………李光洙
  • 8号 설노래…………一記者
  • 8号 어린벗의게…………외배
  • 8号 우리의북그러움…………李丙燾
  • 8号 龍洞(農村問題硏究에關한實例)…………흰옷
  • 8号 科學과宗敎…………田榮澤
  • 8号 我觀의留學生…………金錣洙
  • 8号 社會短評…………一記者
  • 8号 宗敎의眞髓와必要…………仝上
  • 8号 世界의처음…………流暗
  • 8号 朝鮮現下의經濟上恐慌과靑年의自覺…………盧翼根
  • 8号 朝鮮人의三大缺點…………玄相允
  • 8号 農村財産家의反省을求함…………盧俊泳
  • 8号 「크리스맛슷밤」…………거울
  • 8号 「狼」(싸에체프)…………夢夢

第10号1916年(大正5年)9月4日刊[編集]

  • 10号1 卒業生의게賀하노라…………邊鳳現
  • 10号6 留學生의成績을드러父兄의게告하노라…………邊鳳現
  • 10号10 나의敬愛하난留學生여러분의게…………金孝錫
  • 10号13 勞働者에關하야…………金錣洙
  • 10号16 人格權을論함…………金天仁
  • 10号20 富를增加함에對하야…………盧翼根
  • 10号25 朝鮮語學者의誤解…………硏語生
  • 10号32 永生法…………李仁
  • 10号35 支那地方에朝鮮遺跡…………天外子
  • 10号39 獨語錄…………田榮澤
  • 10号43 要求와悔恨…………億生
  • 10号50 寫眞帖…………瞬星
  • 10号52 淸流壁…………小星生
  • 10号57 偉人의片影…………半山

第11号1917年(大正6年)1月(?)[編集]

  • 11号 閏恨…………孤舟
  • 11号 …………
  • 11号 우리의渴과基督…………李世和
  • 11号 페스탈로치의生涯와事業…………DS生
  • 11号 漢詩二首…………朴漢欽
  • 11号 客中懷秋二首…………金明植
  • 11号 …………田榮澤
  • 11号 生産의意義及其消長의原動力…………盧翼根
  • 11号 創作者가되고努力者가되라…………吳祥根
  • 11号 朝鮮사람生活難의原因…………盧俊泳
  • 11号 爲先獸가되고然後에人이되라…………春園
  • 11号 獨逸의敎育及其學制…………金喆壽
  • 11号 萬萬波波息笛을울음…………流暗
  • 11号 靑春…………

第12号1917年(大正6年)4月19日刊[編集]

  • 12号6 天才야!天才야!…………李光洙
  • 12号12 成功의要素와寬行…………崔八鏞
  • 12号15 全的生活論…………田榮澤
  • 12号20 朝鮮靑年의奢侈를論함…………朴勝喆
  • 12号26 朝鮮人의生活과産業組合의必要…………崔瑗浩
  • 12号28 婚姻에對한管見…………李光洙
  • 12号38 朝鮮史의各時代…………吳相近
  • 12号41 閨房文學…………李丙燾
  • 12号45 우리의일홈…………金道泰
  • 12号47 지추돌(礎)…………HM생
  • 12号49 二十五年을回顧하야愛妹에게…………孤舟
  • 12号53 雜感…………品月
  • 12号55 나의斷片(日記에서)…………秋湖
  • 12号57 부르지짐(Cry.)…………瞬星

第13号1917年(大正6年)7月19日刊[編集]

  • 13号6 卒業生諸君에게 들이는 懇告…………李光洙
  • 13号11 社會와個人…………雪山
  • 13号19 經濟界를不振케하는三大原因…………盧翼根
  • 13号25 사람과生命…………崔八鏞
  • 13号30 雁去鷰來…………金明植
  • 13号35 生의實現…………金永燮
  • 13号39 우리家庭에在한新舊思相의衝突…………朴勝喆
  • 13号43 「우리의渴과基督」을讀함…………涂春
  • 13号50 舊習의破壞와新道德의建設…………田榮澤
  • 13号57 人口增殖必要論…………玄相允
  • 13号62 求하야…………崔承萬
  • 13号65 雜感(K언니에게興함)…………CW
  • 13号68 支那鐵道論 附滿洲總覽…………兪萬兼
  • 13号80 春의노래…………海難
  • 13号80 春日偶吟…………松山
  • 13号80 素月…………사마
  • 13号81 初夏述懷…………金昌漢
  • 13号81 懷春五首…………李仁
  • 13号特1 九年星霜…………兪萬兼
  • 13号特2 社會問題에對한觀念…………金良洙
  • 13号特9 回春을뉘가禁할가…………盧炳瑞
  • 13号特11 學問을生命으로賭하라…………金翼之
  • 13号特13 東渡之感想…………朴昇洙
  • 13号特16 卒業試驗을마치고서…………覺泉

第14号1917年(大正6年)12月20日刊[編集]

  • 14号1 우리의理想…………李光洙
  • 14号9 宗敎改革의根本精神…………田榮澤
  • 14号15 歐洲戰亂에 對한 三大疑問…………徐椿
  • 14号19 道德의墜落과經濟의不振…………金明植
  • 14号26 自己表彰과文明…………小星生
  • 14号32 現下의經濟界와及其今後變遷에對하야…………盧翼根
  • 14号38 KERENSKY…………極熊
  • 14号41 朝鮮鑛業을論함…………金燁
  • 14号47 文壇의革命兒야…………白一生
  • 14号49 米國의絶對禁酒를提하야反省을吾社會에求함…………塘南人
  • 14号55 先後取捨…………負朝陽
  • 14号63 最近의文明消息…………極光
  • 14号67 生覺나는대로…………龍洲生
  • 14号68 重陽歌…………새샘
  • 14号69 極熊行…………春園

第15号1918年(大正7年)3月25日刊[編集]

  • 15号6 朝鮮靑年과覺醒의第一步…………小星生
  • 15号14 滿洲에對하야…………崔八鏞
  • 15号21 比較하라…………徐椿
  • 15号24 銀行當局者諸公의게告…………盧翼根
  • 15号30 朝鮮靑年의經濟的覺醒…………梁源模
  • 15号34 兩班의衰亡과撲滅論…………秋峯
  • 15号38 讀書偶感…………李丙燾
  • 15号45 露西亞國民性…………極熊
  • 15号54 李光洙君의「우리의理相」을讀함…………玄相允
  • 15号58 「文壇의革命兒」를 讀하고…………徐尙一
  • 15号69 最近의文明消息…………極光
  • 15号72 푸레스코후스카야…………李一
  • 15号74 某學校長의게…………白熊
  • 15号77 雨後庭園에月光…………崔鶴松
  • 15号79 아ー우리活力!…………P생

第16号1918年(大正7年)その他不詳[編集]

  • 16号 바다가에서서…………雪汚堂
  • 16号 「말」과「글」…………朴正植
  • 16号 金삿갓…………心竹
  • 16号 故鄕에歸하야…………KH
  • 16号 우리의歷事的短處를補充할섯…………金道泰
  • 16号 우리의「우리」와나의「나」…………李一
  • 16号 露西亞스켓취…………極熊
  • 16号 意志論的進化論…………외배
  • 16号 魚於水…………새샘
  • 16号 湖畔의哀歌…………鷺村
  • 16号 朝鮮의耶蘇敎…………負朝陽
  • 16号 無限本位의人生의目的…………鷺村
  • 16号 幼年敎育에對한管見…………柳璟煥
  • 16号 實業社會에對한當面의問題…………盧翼根

第17号1918年(大正7年)8月15日刊[編集]

  • 17号4 우리社會의亂波…………塘南人
  • 17号11 實業振興에對한根本方針…………盧翼根
  • 17号18 宿命論的人生觀에서 自力論的人生觀에…………李光洙
  • 17号21 運命論…………徐椿
  • 17号25 常識과 科學…………余辰子
  • 17号37 來世則能得永樂乎…………理窟生
  • 17号46 …………極熊
  • 17号51 金古筠小傳…………桂麟常
  • 17号57 空氣의 硏究…………曰超者
  • 17号65 朝鮮文化의遺跡一覽…………極光
  • 17号72 卒業證書를 밧는날에…………玄相允
  • 17号74 K・S・兩兄에게…………南星
  • 17号77 가을노래…………鷺村
  • 17号77 別江戶有感…………金明植

第18号 ?[編集]

  • 18号1 靑春第十四号「稽古存」을讀함…………凡外生
  • 18号7 國民經濟上農業의地位…………金喆壽
  • 18号12 宗會에對한管見…………秋峯
  • 18号16 따ー원의陶汰論과社會的進化…………金俊淵
  • 18号23 社會의眞相…………負朝陽
  • 18号30 回々敎…………朴勝喆
  • 18号37 舊殼을버서요…………桂麟常
  • 18号45 小說에對한朝鮮사람의思想을…………金東仁
  • 18号47 人格形成의三大要素…………余翊禹
  • 18号55 諸者階級의覺醒을要함…………極熊
  • 18号60 우리半島여러어룬들에게올임…………高永煥
  • 18号60 寄東渡諸君…………菊川居士
  • 18号65 것開化? 속開化?…………一星
  • 18号68 밤(一)…………주요한

第19号1920年(大正9年)1月26日刊[編集]

  • 19号2 우리의할일(랏셀) …………朴錫胤
  • 19号7 商業發展에對하야…………金逵浩
  • 19号13 相助論…………崔承萬
  • 19号19 慕夏堂에對한史的疑問…………朴勝喆
  • 19号29 誤解와迷惑…………高永煥
  • 19号38 舊殼을버서요(二)…………桂麟常
  • 19号46 金剛筆(一)…………秋峯
  • 19号52 旅行雜感…………金俊淵
  • 19号56 曙光…………金在殷
  • 19号59 C兄님의게…………새별
  • 19号64 밤(二)…………주요한
  • 19号70 同情의淚(一)…………白岳

第20号1920年(大正9年)7月6日訂正再刊[編集]

  • 20号1 『自己』의改造…………朴錫胤
  • 20号2 平和運動…………浮磬
  • 20号15 寡婦解放論…………CY生
  • 20号20 新渡學生諸君의게(一)…………SC生
  • 20号32 朝鮮의儒佛道三敎…………秋峯
  • 20号37 데모크라시의意義…………高永煥
  • 20号45 凡人의感想…………田榮澤
  • 20号51 音響의二大區別…………洪永厚
  • 20号55 主我的生活(一)…………卞榮魯
  • 20号59 暗夜…………金佑枰
  • 20号60 벗의죽음…………龍洲生
  • 20号74 同情의淚(二)…………白岳
  • 20号特1 社會生長의社會學的原理…………崔珵淳
  • 20号特15世界改造와吾人의覺悟…………金俊淵
  • 20号特26時代思潮와朝鮮靑年…………高志英
  • 20号特33東洋史上의東學黨…………朴勝喆
  • 20号特43英美法의槪念…………金鐘弼
  • 20号特49朝鮮關稅制度를論함…………金逵浩

第21号1921年(大正10年)1月31日訂正再刊[編集]

  • 21号5 何以謂之至善也(至善論)…………負朝陽
  • 21号11 社會의意義…………朴正植
  • 21号15 社會와法律…………金鐘弼
  • 21号18 外觀內省…………尹相弼
  • 21号22 天賦人權論…………崔元淳
  • 21号28 現代의朝鮮과宗敎(一)…………金鎭穆
  • 21号33 社會와團結의精神…………CS生
  • 21号37 宗敎와文藝…………辛泰嶽
  • 21号39 忍耐力의修養…………高永煥
  • 21号48 이것이人生이다…………金恒福
  • 21号52 半島敎育의現狀…………李相瑝
  • 21号56 東學黨과甲午役…………고광규
  • 21号58 生覺나는그대로…………秋江
  • 21号61 神秘主義(MYSTICISM)…………李薰
  • 21号69 亡友崔彛君의追憶…………星海
  • 21号72 C君의게…………金佑枰
  • 21号73 작은돌의노래…………石松

第22号1921年(大正10年)6月21日刊[編集]

  • 22号8 나의敬愛하난留學生諸君의게…………李丙雨
  • 22号11 農民救濟策…………申東起
  • 22号16 敎育의效力에關한古來學說上의變遷…………金敬注
  • 22号21 何를爲하야生하고…………崔承萬
  • 22号26 黨派의餘習과社會의前途…………趙宇
  • 22号30 可有,不可有를論하야朝鮮民族性의暗黑面에及함…………徐椿
  • 22号37 文化의意義와其發展策…………金恒福
  • 22号43 現代의朝鮮과宗敎(二)…………宇光
  • 22号47 克己는最大의勝利…………尹相撤
  • 22号50 觀光團을評論함…………S生
  • 22号55 우리生活의改造…………高永煥
  • 22号62 李東和의죽업…………金俊淵
  • 22号64 勞働運動의精神…………卞熙瑢
  • 22号67 いわゆる近代劇에對하야…………金焦星
  • 22号71 不可思議…………姜濟東
  • 22号74 窓前의綠一枝…………閔泰瑗
  • 22号78 隨咸隨錄…………醉夢生
  • 22号80 病中에서…………暗淚生
  • 22号84 D兄의게…………晶島
  • 22号85 故園을바라보면서…………星笛
  • 22号88 煩惱의밤…………星海
  • 22号95 春期陸上大運動會스켓취…………極光

第27号1926年(大正15年)5月24日刊[編集]

  • 27号2 大花宮創建과西京戰役…………萬戶山人
  • 27号13 唯物辯證法的으로본宗敎的生活過程…………武伯
  • 27号17 兒童의情緖…………金相弼
  • 27号24 最近英詩壇…………鄭寅變
  • 27号40 朝鮮敎育에囑望하노라…………曹在浩
  • 27号43 音樂의描寫와近代標題音樂…………啓星
  • 27号51 言論集會自由에關한各國憲法의比敎硏究…………辛泰嶽
  • 27号58 唯物辯證法…………乎干
  • 27号62 生物學上으로본結婚問題…………李軒求
  • 27号67 主知主義에對한新理想主義의反動…………李時穆
  • 27号71 文藝批評에關하야…………金石香
  • 27号79 哲學的精神…………CS生
  • 27号83 體育에對한寸察…………崔瑨淳
  • 27号87 우리와同情心…………朱基瑢
  • 27号92 遺傳의힘…………金熙完
  • 27号96 職業婦人에對하야…………朴鳳南
  • 27号98 哲學의價値…………張龍河
  • 27号103 아니꼬운마음…………朴最吉
  • 27号109 지는꼿닙을발부며…………廉想渉
  • 27号115 嘲笑와非難을밧는「農夫」K의게…………曉山
  • 27号119 病床에봄비…………稻香
  • 27号122 황혼의노래…………金東鳴
  • 27号123 野市・其他…………李孝石
  • 27号125 墓地에서・其他…………李泰俊
  • 27号126 寺院의별밤…………金光燁
  • 27号130 新春所懷…………朱柄乾
  • 27号131 …………夢涯
  • 27号134 十二…………김롤슈타인
  • 27号139 勝手口…………李從直
  • 27号148 겨울의불々…………馬海松
  • 27号154 毒蛇…………李軒

第29号1930年(昭和5年)4月5日刊[編集]

  • 29号1 法律의社會化…………張仁甲
  • 29号9 絶對眞理性의沒落을論함…………仁喆宰
  • 29号17 맑쓰主義와勞働者階級…………陳圖岩
  • 29号24 産業合理化와知識階級의自己批判…………金慶雲
  • 29号31 社會進化의史的一瞥…………金益鎬
  • 29号35 産兒調節運動의社會的考察…………朴容海
  • 29号42 夏期巡廻講演記…………李昌仁
  • 29号49 學之光更生의意義…………黃奎變
  • 29号52 學之光의歷史的使命…………朱泰道
  • 29号54 靑年學生諸君에게…………春雷
  • 29号56 동무에게보내는片紙…………李燦
  • 29号60 『오늘네안의少女』여…………李鳩
  • 29号61 일꾼의노래…………李燦
  • 29号63 해질저녁의내感情…………李燦
  • 29号64 보서요世上人心못되기짝업서요…………金東鎭
  • 29号66 懺悔…………東苑
  • 29号67 어두운蒼空…………東苑
  • 29号68 鋤光…………리현구
  • 29号68 新春…………李世煥
  • 29号81 側面觀…………石泉

『学之光』に関わった人物[編集]

独立運動家[編集]

  • 金道泰(1891-1956)
  • 金明植(1891-1924)
  • 金錣洙(1893-1986)
  • 金喆壽(1896-1977)
  • 白寬洙(1889-?)
  • 申錫雨(1894-1953)
  • 申翼熙(1894-1956)
  • 柳元祐(1902-1938)
  • 尹昌萬(1896-1967)
  • 尹顯振(1892-1921)
  • 張徳秀(1895-1947)
  • 鄭光好(1895-1955)
  • 崔槿雨(生没年不明)(崔謹愚?)
  • 玄相允(1893-?)

政治家[編集]

  • 金度演(1894-1967)
  • 金東鳴(1900-1968)
  • 金用茂(1891-?)
  • 金俊淵(1895-1971)
  • 金孝錫(1895-1966)
  • 白寬洙(1889-?)
  • 白南雲(1895-?)
  • 白南薰(1885-1967)
  • 宋鎭禹(1890-1945)
  • 申翼熙(1894-1956)
  • 李相喆(1893-1979)
  • 李仁(1896-1979)
  • 張徳秀(1895-1947)
  • 鄭魯湜(?-1965)

言論人・評論家[編集]

  • 金明植(1891-1924)
  • 金億(1896-?)
  • 金俊淵(1895-1971)
  • 閔泰瑗(1894-1935)
  • 徐椿(1894-1943)
  • 宋鎭禹(1890-1945)
  • 申錫雨(1894-1953)
  • 李寬九(1898-1991)
  • 李光洙(1892-?)
  • 李相喆(1893-1979)
  • 李益相(1895-1930)
  • 李軒求(1907-1942)
  • 張德俊(1891-1920)
  • 崔斗善(1894-1974)

小説家・詩人[編集]

  • 金東仁(1900-1951)
  • 馬海松(1905-1966)
  • 閔泰瑗(1894-1935)
  • 方仁根(1899-1975)
  • 卞榮魯(1898-1961)
  • 廉想渉(1897-1963)
  • 李光洙(1892-?)
  • 李益相(1895-1930)
  • 李一(1892-?)
  • 李泰俊(1904-?)
  • 田榮澤(1894-1968)
  • 崔承九(1892-1917)

教育者・学者[編集]

  • 金東鳴(1900-1968)
  • 金良洙(1896-1971)
  • 金賢準(1898-1950)
  • 白南雲(1895-?)
  • 白南薰(1885-1967)
  • 卞榮魯(1898-1961)
  • 徐恒錫(1900-1985 )
  • 宋鎭禹(1890-1945)
  • 安廓(1886-1946)
  • 兪億兼(1895-1947)
  • 李寬九(1898-1991)
  • 李丙燾(1896-1989)
  • 李相玉(1908-1981)
  • 李軒求(1907-1942)
  • 朱基瑢(1897-1966)
  • 崔斗善(1894-1974)
  • 玄相允(1893-?)

技術者・技能者[編集]

  • 金用茂(1891-?) - 弁護士
  • 羅蕙錫(1896-1948) - 西洋画家
  • 裵雲成(1900-1978) - 西洋画家
  • 邊鳳現(生没年不明) - 体育人
  • 徐恒錫(1900-1985) - 劇作家
  • 辛泰嶽(1902-1980) - 弁護士
  • 李康賢(1888-1976) - 紡績技術者
  • 李仁(1896-1979) - 弁護士