学園特捜ヒカルオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
学園特捜ヒカルオン
ジャンル SFアクション
OVA
原作 越智一裕
監督 越智一裕
キャラクターデザイン 越智一裕
音楽 渡辺宙明
アニメーション制作 AIC
製作 ネットワーク
発売日 1987年1月28日
話数 全1話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

学園特捜ヒカルオン』(がくえんとくそうヒカルオン)は、1987年1月28日にエモーション(現:バンダイナムコアーツ)から発売されたOVA。30分。

概要[編集]

本作は、OVAブーム中の当時における大人の特撮ファンにも大人気だった宇宙刑事シリーズへのオマージュ要素の濃い、学園SFアクション作品である[注 1]。ただし、エモーションのヤングアダルト向けレーベル「C-MOON」向けに制作されたため、主人公・四方堂光のパートナーにしてヒロインの美女教師・葉月あづみがチンピラたちに襲われて衣服を破られるといった、原典では描けない性的暴行調のエロ要素も盛り込まれている。

原作脚本絵コンテ作画監督など大半の主要役職は、宇宙刑事好きのアニメーター越智一裕が1人で担当した。音楽は宇宙刑事シリーズと同じく渡辺宙明が担当した(詳細は#LPレコードを参照)ほか、主題歌にも同じく串田アキラが参加した。また、声優も敵・妖魔獣役には宇宙刑事シリーズの悪役で知られる飯塚昭三が起用された。

越智によれば、光役の声優だけはベテランから新人まで10人ほどが参加したオーディションを経て、本作が初主役となる関俊彦が起用された。このオーディションには水島裕も参加しており、上手さでは当時ベテランの彼が一番だったが、主役は新人でという視点から関の起用になったそうである。また、本作は高山みなみの声優デビュー作でもあり、女子生徒役で出演している[注 2]。なお、音響制作は当時81プロデュースの代表者であった中野徹が担当した[1]

アイキャッチに映っている実写キャラクターは、越智が『アニメージュ増刊 ザ・モーションコミック』に連載していた漫画『ひらきなおってマイヒーロー』[2]の主人公・宇宙戦士ギャリバン[注 3]であり、本作に登場する超人戦士ヒカルオンのデザインベースにもなっている。越智の自主映画用に制作されたこのスーツは彼自身が着ており、撮影は本作の原画にも参加している亀垣一が担当した[1]

ストーリーはかなり駆け足であり、金田伊功山下将仁田村英樹大平晋也といった個性的な絵柄や動かし方で知られたアニメーターが多数参加しているため、前述のエロ描写と併せてアクションシーンでは原画マンの個性が強く発揮されている。また、原画マンには『ここはグリーンウッド』の作者である漫画家・那州雪絵や、アニメーター時代のいのまたむつみも名を連ねている。

後年にはAT-Xでテレビ放送された[3]

ストーリー[編集]

主人公の高校生・四方堂光は悪の犯罪組織「ウラー」を倒すため、パートナーの美女教師・葉月あづみと共に影の科学捜査組織「学園特別捜査委員会」の一員としての正体を隠しながら戦っている。そんな光とあづみが私立凌徳学園高等学校へ編入してまもなく、あづみと女子高生・椎名弥生がウラーに囚われてしまう。あづみと弥生を救うため、光はファイティングスピリッツ・スーツを装着して超人戦士ヒカルオンとなり、彼女たちのところへ向かう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「裂空! 学園特捜ヒカルオン -テーマ オブ ヒカルオン-」
作詞 - 越智一裕 / 作曲・編曲 - 渡辺宙明 / 歌 - 串田アキラ、金子久美
越智によれば、作詞は厳密には渡辺との共作だそうである[4]。また、後年のキッズステーションの音楽番組『アニぱら音楽館』でのインタビューによれば、串田は本曲がデュエットになるとは思わずに録音したため、完成した曲の出だしを聴いて金子の歌声が流れてきたことに驚いたそうである[5]。後述のLPレコードには、1番が金子のソロ、2番が串田のソロ、リピートが金子と串田のデュエットでそれぞれ収録されている[6]

LPレコード[編集]

裂空! 学園特捜ヒカルオン[6]
1987年1月21日リバスターレコードから発売された。BGM全15曲や主題歌「裂空! 学園特捜ヒカルオン -テーマ オブ ヒカルオン-」に加え、OVAボディジャック 楽しい幽体離脱』の主題歌「夜に泣いて」がスペシャルボーナスとして収録されている。
録音は、アバコスタジオと山中湖スタジオ[注 4]で3日間に渡って行われた[6]越智一裕によれば、当初は渡辺宙明を起用する予定ではなかったレコード会社を越智が説得して渡辺の起用に漕ぎ着けたうえ、「夜に泣いて」についてもレコード会社の指示で本作の主題歌として用いられるところを越智が策を講じて阻止した結果、渡辺による「裂空! 学園特捜ヒカルオン -テーマ オブ ヒカルオン-」の作曲や串田アキラの起用が実現した。金子久美の起用についてもレコード会社の指示だったため、越智は当初こそ否定的だったが、アバコスタジオで目の当たりにした金子の歌唱力に驚いて考えを改め、彼女の担当した1番をエンディングに起用した。「夜に泣いて」が本盤に収録されているのは、その名残りだそうである[4]
なお、2016年4月27日日本コロムビアから発売された渡辺の卒寿記念アルバム『渡辺宙明 卒寿記念 〜SELF SELECTION & MORE〜』には本作も復刻収録されているが、マスターテープが現存していなかったためにLPレコードからのマスタリングとなっている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時は多くのファンが同人やコスプレ、自主映画等でオリジナルの宇宙刑事を作っており、本作にもプロの手による二次創作(パロディ)という側面がある。
  2. ^ その後、越智が制作したPCエンジンゲーム『コズミックファンタジー』では高山が主人公ユウ役で、水島がライバルキャラ風のシルフ役で、2作目の『コズミックファンタジー2』では関が主人公バン役で出演している。
  3. ^ 日本物産アーケードゲームコスモポリス ギャリバン』の主役ヒーローとは同名の別人。
  4. ^ サウンドビレッジの敷地内に存在していた、ビクター音楽産業録音スタジオ[7]

出典[編集]