学校教育法施行令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学校教育法施行令
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和28年10月31日政令第340号
効力 現行法
種類 教育法
主な内容 学校教育法の手続き等の細則
関連法令 学校教育法学校教育法施行規則
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

学校教育法施行令(がっこうきょういくほうしこうれい、昭和28年10月31日政令第340号)は、学校教育法に基づいて定められた政令であり、義務教育に関する規定と認可届出指定に関する規定を主に行う。学校教育法はその規定の大半を文部科学省省令委任しているため同省令である学校教育法施行規則が参照される機会が多い。昭和28年までは政令である学校教育法施行令は制定されていなかったが、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法令の整理に関する法律(昭和28年8月15日法律第213号) による学校教育法の改正でそれまで「監督庁の定める」とされていたもの一部が「政令で定める」とされたこと等にともないこの政令が制定された。

構成[編集]

  • 制定文
  • 目次
    • 第1章 就学義務
    • 第2章 視覚障害者等の障害の程度(第22条の3)
    • 第3章 認可、届出等
      • 第1節 認可及び届出等(第23条-第28条)
      • 第2節 学期休業日及び学校廃止後の書類の保存(第29条-第31条)
    • 第4章 技能教育施設の指定(第32条-第39条)
    • 第5章 認証評価(第40条)
    • 第6章 審議会等(第41条-第43条)
    • 附則