学校法人北星学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本部のある北星学園大学

学校法人北星学園(がっこうほうじんほくせいがくえん)は、北海道札幌市に本部を置く学校法人。北星学園大学ほか、北海道内の高等学校などの運営を行っている。理事長は大山綱夫(2014年現在)、本部所在地は北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1。

沿革・概要[編集]

北星学園の始まりは1887年1月15日、アメリカ宣教師サラ・クララ・スミスが現在の北星学園女子中学高等学校の前身である「スミス塾」を会塾した時代まで遡る。2年後の1889年に塾は「スミス女学校」として正式認可、1894年に「北星女学校」、1943年「財団法人北星高等女学校」、1946年に「財団法人北星学園」となる。この「北星」という名称は新渡戸稲造などの助言によりつけられたものである。由来は新約聖書フィリピの信徒への手紙、第2章15節)の「Shine Like Stars~」の下りから。

1951年に北星学園女子短期大学を開学し、同時に正式に「学校法人北星学園」へと改称した。1962年に北星学園大学を新設し、1964年に大学キャンパスを現在地である大谷地へ移動、高等学校や大学学部の新設などを行い、法人創立100周年に当たる1987年には式典が行われた。1989年には本々サラ・クララ・スミスにより宣教師のために建てられた宣教師館を移転改修し、「北星学園創立百周年記念館」として北星学園女子中学高等学校の敷地内に設置した。

教育理念はキリスト教に基づいたもので、北星学園大学にはチャペルが設置されている。また、第二次世界大戦後50年にあたる1995年には、平和実現等の観点から平和宣言を発表、宣言末尾にはマタイによる福音書からの一節が加えられた。また、2004年2月にも同様に平和宣言を行っている。

100周年をはじめ、節目となる年には開学当時から記念行事を行ってきており、近年(2007年)も120周年を迎えたことから2007年11月に札幌市内で記念行事が行われた。キリスト教に基づく賛美歌や各種催し物が行われたほか、120周年を記念したロゴマークとホームページも作成。星をイメージした青色の背景に「120th」の文字が描かれたロゴマークが採用され、記念聖句に学園名称の由来となったフィリピの信徒への手紙、「Shine Like Stars~」の一節が取り入れられた。

創立関係者[編集]

歴代理事長[編集]

  • 有馬英二(初代、1941-1969)
  • 時任正夫(2代、1969-1991)
  • 有馬純(3代、1991-1993)
  • 永澤悟(4代、1993-2002)
  • 杉本拓(5代、2002-2011)
  • 土橋信男(6代、2011-2012)
  • 酒井玲子(7代、2012-2014)
  • 大山綱夫(8代、2014-現在)

運営施設[編集]

設置校[編集]

廃止校[編集]

  • 北星学園女子短期大学附設幼稚園教諭・保母養成所

参考[編集]

  • キャンパスガイド 北星学園大学・北星学園大学短期大学部
  • 北星学園百年史刊行委員会『北星学園百年史 通史編・資料編』北星学園 1990年

外部サイト[編集]