学校法人大阪初芝学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

学校法人大阪初芝学園(がっこうほうじんおおさかはつしばがくえん)は、大阪府和歌山県において学校を設置している学校法人である。

概要[編集]

前理事長がグルメ杵屋の創業者であることから、同社との関連が強かった。現在は学校法人立命館理事長の森島朋三が兼務している。

設置校[編集]

また、学校ではないが、スイミングスクールも開設している。

不祥事[編集]

椋本理事長体制[編集]

  • 1997年以降、椋本彦之理事長らが堺市内に所有する空地について、学校の『運動場』と偽って申告し、固定資産税並びに都市計画税を逃れていたことが発覚した。堺市は、椋本理事長らに対し、時効にかからない2005年までの5年分の約450万円を追徴課税を課している[1]。また、2007年には南海電気鉄道難波駅南方の工場跡地を新大学「グルメ大学」の用地として購入したが、その際私立学校法に規定されている理事会の議決を経ていなかったことが大阪府の調査で発覚。学園は売買を白紙に戻すものの、府は学園に対して「運営正常化」を求める指導に乗り出す模様。[2]
  • 2007年12月14日付の報道によると、大阪府私学課の担当者ら7人が、初芝学園の幹部らと飲食を繰り返していたとして、文書訓告などの処分を受けた。また、山登敏男・大阪府副知事も、飲食接待を受けていた上、同学園側がその費用を負担していたことが判明し、山登副知事は、自らの給料の10分の3を返納することになった[4]
  • これら一連の疑惑や不祥事を受ける形で、椋本理事長が、2007年12月18日に辞任を表明し、了承された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪初芝学園:「架空運動場」で課税逃れ 堺市が追徴 (毎日新聞)
  2. ^ 初芝学園理事長が独断で売買協定 大学用地、24億で(朝日新聞)
  3. ^ 大阪初芝学園:裏金作り政治献金…業者からマージン (毎日新聞)
  4. ^ 大阪府副知事、私学から飲食接待 職員7人も処分 (朝日新聞)
  5. ^ 大阪初芝学園:裏金問題 法人税など5700万円申告漏れ (毎日新聞)

関連項目[編集]