学校法人拓殖大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

学校法人拓殖大学(がっこうほうじん-たくしょくだいがく)は学校法人にして、拓殖大学等の設置者。法人本部の所在地は東京都文京区小日向3-4-14の拓殖大学文京キャンパス内。なお、学校法人の『学校法人拓殖大学』が大学である『拓殖大学』を設置している点において誤解されがちで、学内外において“大学である拓殖大学が同時に学校法人として認可されたもの”であると勘違いされやすい。

設置している大学、学校[編集]

過去、設置していた大学、学校[編集]

創立[編集]

※法人組織の発足、拓殖大学の設置ではないが、台湾協会学校の設立をもって法人、大学の創立とみなしている

沿革[編集]

拓殖大学総長[編集]

概要[編集]

学校法人の責任者である理事長職とは別に教学上の責任者として拓殖大学学長、拓殖大学北海道短期大学学長、拓殖大学第一高等学校校長の上に総長職がおかれている。

表彰[編集]

拓殖大学の文化祭である紅陵祭の学内優勝団体と同じく文化祭である語劇祭の学内優勝団体、同大学雄弁会主催の弁論大会である拓殖大学総長杯争奪全日本学生雄弁大会の優勝大学(優勝弁士の所属大学)には拓殖大学総長杯が授与される。

歴代総長一覧[編集]

職名 氏名 就任時期 略歴
初代 校長 桂太郎 1900年 - 1912年 内閣総理大臣元老、陸軍大将
第2代 学長 小松原英太郎 1912年 - 1919年 国務大臣
第3代 学長 後藤新平 1919年 - 1929年 帝都復興院総裁
第4代 学長 永田秀次郎 1929年 - 1943年 拓務大臣
第5代 学長 宇垣一成 1944年 - 1945年 陸軍大臣、陸軍大将
第6代 学長・理事長 下村宏 1945年 - 1946年 国務大臣
第7代 総長・理事長 高垣寅次郎 1946年 - 1952年 成城学園名誉学園長
第8代 総長・理事長 鈴木憲久 1952年 - 1953年 時事新報論説委員
第9代 総長 八田嘉明 1953年 - 1955年 商工大臣
第10代 総長 矢部貞治 1955年 - 1964年 東京大学教授
第11代 総長 安東義良 1964年 - 1967年 ブラジル大使、衆議院議員
第12代 総長・理事長 中曽根康弘 1967年 - 1971年 内閣総理大臣、大勲位
第13代 総長 豊田悌助 1971年 - 1978年 拓殖大学学長
第14代 総長・理事長・学長 高瀬侍郎 1979年 - 1991年 スリランカ・ビルマ大使
第15代 総長 小村康一 1991年 - 1995年 チリ・ブラジル大使
第16代 総長 小田村四郎 1995年 - 2003年 行政管理庁事務次官
第17代 総長・理事長 藤渡辰信 2003年 - 2011年 学校法人拓殖大学理事・事務局長
第18代 総長・学長 渡辺利夫 2011年 - 2015年 学校法人拓殖大学理事・学長
第19代 総長 森本敏 2016年 - 防衛大臣

※総長事務取扱は含まない

外郭団体等[編集]