学校法人郁文館夢学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

学校法人郁文館夢学園(がっこうほうじんいくぶんかんゆめがくえん)は、東京都文京区に所在する学校法人。

棚橋一郎によって1889年11月13日に開設された私立郁文館が母体。2003年3月18日ワタミフードサービス社長の渡邉美樹が理事長に就任。2006年4月1日に学校法人名を郁文館夢学園、国際高校をグローバル高校と改称している。

傘下に郁文館中学校・高等学校郁文館グローバル高等学校を設置している。

体制[編集]

  • 理事長:渡邉美樹
  • 高等学校・グローバル高等学校校長:宮崎宏
  • 中学校校長:宮崎宏

沿革[編集]

  • 1888年11月 - 東京府本郷区駒込蓬莱町28番地(現:東京都文京区向丘二丁目19番1)に設立、私立郁文館と命名する。初代校長に棚橋一郎
  • 1889年5月1日 - 所在地住所が東京府東京市本郷区駒込蓬莱町28番地へ変更。
  • 1943年7月1日 - 所在地住所が東京都本郷区駒込蓬莱町28番地へ変更。
  • 1943年8月 - 財団法人へ改組
  • 1947年3月15日 - 所在地住所が東京都文京区駒込蓬莱町28番地へ変更。
  • 1951年1月 - 学校法改正により、学校法人郁文館学園に改組
  • 1965年 - 住居表示により、東京都文京区向丘二丁目19番1となる。
  • 1988年11月 - 創立100周年記念式典を日本武道館にて挙行
  • 1993年4月 - 国際高等学校開校
  • 2003年3月 - 経営不振により経営権がワタミ創業者の渡邉美樹に移譲
  • 2006年4月 - 学校法人名を郁文館夢学園、郁文館国際高等学校を郁文館グローバル高等学校へ改称。
  • 2010年4月 - 郁文館中学校・高等学校・グローバル高等学校の3校がすべて共学校となる。

改革[編集]

渡邉美樹が理事長に就任した際、以下の事項を実施した。

職員に対し実施した事項
  • 全職員に対し「私たちの学校経営は先生が生徒のために死ねる経営です。その経営についてこられない人はどうぞやめてください」と話、理念集などによりプライベートな時間はなく、子どものために24時間365日、全身全霊捧げること求めた。
  • 教師の携帯電話番号を生徒に教えさせ、「365日24時間電話していい」と伝えるよう指示。
  • 職員の給料削減
生徒に対し実施した事項
  • 校内又は登下校時に携帯電話を使用した、教師への暴言又は暴力、他生徒へのいじめ、法を犯した、またはそれに準じた行為をした生徒には400字詰め原稿用紙100枚の反省文を書かせ、提出するまでは授業を受けさせない方針とした[1]

この改革実行により職員の人件費を7割ほどに削減、30名の教師は退職し、14人の生徒が退学となった[2]。また3年ほどで郁文館夢学園への志願者数は3分の1ほどに減少することとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渡辺美樹理事長の学校法人生徒に反省文100枚書かせるなどして退学者続出”. 2013年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月31日閲覧。
  2. ^ 『週刊文春』2013年6月27日号

関連項目[編集]