都築学園グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

都築学園グループ(つづきがくえんグループ)は、福岡県福岡市南区に本部を置く学校法人のグループである。1956年昭和31年)創立。幼稚園から大学院までを全国的規模で運営している。

概要[編集]

学校法人財団法人などにより構成される。同学園グループが運営する教育関連施設(幼稚園などを含む)は全国で約30校に及び、大学では薬科大学を3校運営するなど、他の学校法人には見られない個性的な運営を行う。かつては都築総合学園(英称:Tsuzuki Sogo Gakuen)と称していた。

教育方針[編集]

「個性を引き出し、伸展させる」ことを主な方針としている。多くの所属校が校名に冠している“第一”は、第一義諦(究極的・絶対的な真理を意味する仏教用語:パラマ・アルタ)の第一に由来し、個性を第一義的特性としてとらえ、内在する個性を教育により可能な限り多く引き出し、伸展させたいとの創設者の思いを表している。

資金力[編集]

当時、資金難に陥った学校法人坂元学園や学校法人姫路学院に対し資金援助を行い、その後、都築学園グループに所属する一法人(事実上グループ化)とした。また、1999年には福岡市中心部の不動産(旧岩田屋天神本館など)を200億円以上で購入するなど潤沢な資金力をみせている。この内、都心の一等地にある旧岩田屋天神本館には、2010年3月に福岡パルコが開業した(2008年12月にパルコと正式に賃貸借契約が結ばれた。2013年にパルコに売却)。ちなみに、グループの大学においては入学定員に対する入学者数が文部科学省の規定等を満たさないため、私学助成金を一切受けることが出来なかったことがあった[1][2]が、給与遅配などなく運営がなされていた。また、全日本学生音楽コンクールにおいて都築奨励賞を設けていたり、全国高校将棋竜王戦に対して多額の資金を拠出していることも知られている。

所属法人[編集]

  • 学校法人都築学園 (理事長:都築仁子)
  • 学校法人都築第一学園 (理事長:都築仁子)
  • 学校法人都築育英学園 (理事長:都築明寿香)
  • 学校法人都築教育学園 (理事長:都築美紀枝)
  • 学校法人都築科学学園 (理事長:都築慶子)
  • 一般財団法人都築国際育英財団 (理事長:都築明寿香)
  • 一般財団法人日本文明研究所 (理事長:都築仁子)
  • 株式会社ハッチェリー・ベンチャーパートナーズ

沿革[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

  • 1990年
    • 学校法人東京インターナショナル学園設立、専門学校お茶の水外語学院、東京国際情報ビジネス専門学校、東京科学電子工業専門学校、東京情報システムビジネス専門学校を設置
    • 学校法人東京科学学園設立(東京都町田市)、東京科学情報工業専門学校、東京科学情報ビジネス専門学校、東京科学情報システム専門学校を設置
  • 1991年
  • 1992年 福岡工業専門学校設置
  • 1996年 神戸デジタル専門学校、大阪科学工業専門学校、鹿児島第一中学校設置
  • 1997年
    • 日本獣医畜産大学買収に乗り出すも失敗
    • 仙台デジタル・テクノ専門学校、仙台デジタル・ビジネス専門学校、広島デジタル専門学校、福岡マルチメディア専門学校、第一経済大学福祉専門学校を設置
    • 東京簿記情報ビジネス専門学校を東京マルチメディア専門学校へ改称
    • 東京情報システムビジネス専門学校廃止
  • 1998年
    • 東京介護福祉専門学校[3]設置
    • 学校法人姫路学院に対し資金援助しグループ化
    • 東京科学情報システム専門学校をデジタル東京専門学校に校名変更認可
  • 1999年
    • 岩田屋の天神本館、新館、体育館の土地・建物をそれぞれ125億円、80億円、12億円で買収
    • 札幌デジタルアート専門学校、札幌デジタル専門学校を設置
    • 一般財団法人都築国際育英財団設立
    • 東京科学情報工業専門学校廃止認可

2000年代[編集]

2010年代[編集]

  • 2019年
    • 学校法人都築教育学園が第一幼児教育専門学校の2020年以降の学生募集を停止することを理事会において決定[4]

都築家一族[編集]

  • 都築 泰壽 (1936年3月11日-2015年4月27日)
    • 創設者夫妻の次男
    • 福岡学芸大学卒、早稲田大学大学院修了、ブリガムヤング大学大学院中退
    • 都築育英学園および都築学園前理事長
    • 第一薬科大学、第一経済大学、第一工業大学、第一福祉大学、および第一幼児教育短期大学の前学長
    • 2008年、大学女性職員への強制わいせつで有罪判決を受ける
    • 2015年4月27日逝去
  • 都築 仁子 (1946年8月15日- )
    • 泰壽の妻。現総長
    • 福岡女子大学卒、梅光女学院大学大学院博士課程修了(日本文学研究科[7]
    • 日本航空国際線客室乗務員
    • 財団法人日本動物愛護協会理事
    • 元学校法人都築インターナショナル学園理事長
    • 都築学園理事長、都築第一学園理事長
    • 第一薬科大学、福岡こども短期大学、および第一幼児教育短期大学の学長
    • 福岡第一高等学校、第一経済大学付属高等学校、鹿児島第一高等学校、鹿児島第一中学校およびリンデンホール小学校長
    • 本来、外部評価に適した運営をすべき時に全く逆を行く行動を鶴の一声にて実施させる。
    • 第一薬科大学学長とあるが、基本的に福岡に居らず大概東京にいるのが一般的である。
  • 都築 明寿香
    • 青山学院大学法学部卒、東京大学大学院修士課程修了(学際情報学府学際情報学専攻実践情報学コース)
    • 都築学園グループ副総長
    • 都築育英学園理事長
    • 都築国際育英財団理事長
    • 元学校法人都築インターナショナル学園総長
    • 日本経済大学、神戸医療福祉大学の学長
    • リンデンホールスクール中高学部の校長
    • リンデンホールスクールのチェアマン
  • 都築 稔
    • 1997年に東京大学農学部農芸化学科卒業、2003年に東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士課程修了。博士(農学)。
    • サントリーにて勤務歴あり
    • 第一薬科大学准教授
    • 日本薬科大学の副学長(教授)を経て、学長代理
    • 関東柔道整復専門学校校長
  • 都築 美紀枝
    • 保健学修士
    • 都築教育学園理事長
    • 鹿児島第一幼稚園長
    • せふり幼稚園長 
    • 福岡第一高等学校副校長
  • 都築 慶子
    • 元都築関東学園理事長
    • 都築科学学園理事長
  • 都築 繁利
    • 福岡大学大学院人文科学研究科史学専攻博士前期課程修了[8](1995年度)[9]
    • 都築学園総長代理[10]
    • 横浜薬科大学教授、事務長等を経て、日本経済大学副学長(教授)兼、神戸医療福祉大学副学長[11]
    • 横浜薬科大学管理局長[12][13]
    • 東京工業専門学校、名古屋デジタル工科専門学校元校長
    • 名古屋デジタル・アート専門学校校長[14]
    • 学校法人都築科学学園理事

運営校[編集]

大学[編集]

学校法人都築学園

学校法人都築育英学園

学校法人都築教育学園

学校法人都築第一学園

短期大学[編集]

学校法人都築育英学園

学校法人都築教育学園

  • 第一幼児教育短期大学(旧・九州工業短期大学、九州短期大学、九州学院大学短期大学部、霧島女子短期大学)

専門学校[編集]

学校法人都築学園

学校法人都築教育学園

学校法人都築科学学園

高等学校・中学校[編集]

学校法人都築学園

学校法人都築教育学園

学校法人都築育英学園

小学校[編集]

学校法人都築育英学園

幼稚園・保育園[編集]

学校法人都築学園

学校法人都築育英学園

学校法人都築第一学園

  • むろずみ幼稚園
  • むろずみ保育園

学校法人都築教育学園

廃止校[編集]

法人[編集]

  • 学校法人都築インターナショナル学園(2009年 学校法人都築学園に法人合併)
  • 学校法人姫路学院(2009年 学校法人都築学園に法人合併)
  • 学校法人都築関東学園(2009年 学校法人都築俊英学園に法人合併)
  • 学校法人都築俊英学園(2017年 学校法人都築育英学園に法人合併)

大学[編集]

専門学校[編集]

  • 札幌デジタル・アート専門学校(2006年度で廃止)
  • 仙台デジタル・テクノ専門学校(旧・仙台科学工業専門学校)
  • 仙台デジタル・ビジネス専門学校(旧・仙台国際情報ビジネス専門学校)
  • 東京製図専門学校(2011年8月29日付で閉校)
  • 東京工業専門学校 (2011年3月31日をもって閉校)
  • 東京情報システムビジネス専門学校
  • 東京情報ビジネス専門学校(2011年3月31日をもって閉校)
  • 東京国際情報ビジネス専門学校(2011年3月31日をもって閉校)
  • 東京介護福祉専門学校(2010年9月廃止)
  • 東京デジタルテクニカル専門学校(旧・東京科学電子工業専門学校。2011年3月31日をもって閉校)
  • 専門学校お茶の水外語学院(お茶の水はりきゅう専門学校へ変更)
  • デジタル東京専門学校(旧・東京科学情報システム専門学校)
  • 大阪デジタルテクノ専門学校(旧・大阪科学工業専門学校)
  • 神戸デジタル専門学校(旧・神戸科学工業専門学校)
  • 広島デジタル専門学校(旧・東京工業専門学校広島校)
  • 広島デジタル・アート専門学校
  • 福岡工業専門学校
  • 福岡マルチメディア専門学校
  • 第一介護福祉専門学校(旧・第一経済大学福祉専門学校)
  • 第一電子技術学校(2006年度で廃止)

法人施設 [編集]

  • インキュベーション
ハッチェリー渋谷
  • セミナーハウス
かるいざわグリーンヴィラ

対外関係[編集]

学術提携校[編集]

不祥事[編集]

入学定員問題
1991年、第一経済大学(現日本経済大学)で、当時の入学定員の12倍にあたる5,954人を入学させ、体育館授業を受けざるを得ない状況にまでなった。発覚当初、入学人数は3,015人であると虚偽の発表を行うなどし、教育機関としての姿勢が問われることとなった。[17]
所得税申告問題
2001年、グループの都築学園と都築俊英学園が、福岡国税局の税務調査で法人所得1億6000万円の申告漏れを指摘され、修正申告を行った。[18]
総長わいせつ問題
2006年に第一福祉大学エレベーター内で女性職員の胸や下半身を触ったりなで回したりしたとして、2007年11月14日に当時現職の総長であった都築泰壽強制わいせつの疑いで福岡県警に逮捕され、後の裁判で懲役3年(執行猶予5年)の有罪が確定した。なお、これを受け学園側は泰壽を逮捕翌日に総長職から解任し、新総長を妻の仁子とした。
学園側が設置した第三者委員会は「都築被告の影響力排除」「現総長が被告を厳重に監視」などの再発防止策を盛り込んだ報告書をまとめ文部科学省に提出した。これによって、従来のような総長一人にグループを構成する9法人の全ての権限が集中していた仕組みを廃止し、各学校法人理事長が最高意思決定機関である理事会を代表してその職務遂行に当たるよう改められ、現在はグループ全体の組織再編に動いているとしているが、実際には現総長である仁子に権限が集中し、旧態依然としたワンマン経営が続いている。[19]
教員不足隠ぺい
2009年、都築俊英学園が福岡医療福祉大学で4学科を総合福祉学科に統合する際、教員数が不足していることを学園幹部が知りながら報告せず、改善もなされなかった。このため文部科学省より組織的かつ悪質と判断され、新設不認可期間上限の5年を言い渡された。2011年より、新入生募集を停止した。
第三者評価
大学等の高等教育機関は、2002年の改正学校教育法により文部科学大臣の認証を受けた認証評価機関により7年以内の周期で機関別・分野別認証評価を受けることが義務づけられた。これに伴い大学基準協会による機関別認証評価を受けた結果、所属する6大学のうち「第一薬科大学」、「近畿医療福祉大学」、「日本薬科大学」の3校が「判定は保留する」とされ協会の総評・提言にそった改善報告を要請された。2013年6月に日本薬科大学は認定された。第一薬科大学神戸医療福祉大学(旧 近畿医療福祉大学)についても2018年3月に認定されている。
所属3薬科大学教育問題
2012年11月8日に行われた文部科学省による「第12回 薬学系人材養成の在り方に関する検討会」において、都築学園グループに所属する全ての薬科大学(第一薬科大学、日本薬科大学、横浜薬科大学)が、教育などにおいて問題があるとされヒアリング調査大学となった[20]
ヒアリング調査対象大学とされた都築学園グループ以外の大学は、青森大学薬学部、奥羽大学薬学部、帝京平成大学薬学部、北陸大学薬学部、徳島文理大学香川薬学部、九州保健福祉大学薬学部があり、第一薬科大学を除き薬学部として歴史が浅い大学が並ぶ。
大学設置の際の寄附行為変更認可申請に係る不正行為について
2013年1月24日に、学校法人都築第一学園における大学設置の際の寄附行為変更認可申請(平成17年4月28日付けで申請)に係る不正行為が判明したため、大学等の設置に関する寄附行為変更認可申請に係る不認可期間を「平成30年度開設分の寄附行為変更認可申請までに係る期間」とする旨が、文部科学大臣名で決定され、文部科学省高等局長名で通知された。[21]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年に都築泰壽総長が逮捕され(本文等を参照のこと)、この頃よりグループが運営している専門学校の再編のみならず、大学や短期大学における学部や学科の再編、大学院の設置などのためか、入学定員等を遵守する方向に舵を切っている(この頃より、文部科学省の審議会等より付帯される事項等に遵守することが認可等の条件となった、ということもある)
  2. ^ グループの一大学である第一工業大学(学校法人都築教育学園)が平成20年度に公益財団法人日本高等教育評価機構(JIHEE)によって大学機関別認証評価を受けるにあたって機構に提出したと思われる「自己点検・評価報告書(3月)」の「8章 財務」のページには「学園の財政の全ては、自己資金により賄われている。」、「自己点検・評価報告書(6月)」の「基準8 財務」のページには「大学の財政の全ては、自己資金により賄なっている。」と記されている。これらのことにより、第一工業大学は、機構によって「適合」ではなく「保留」という評価が下された[1]。このため、第一工業大学は平成23年度に再評価の申請をしたが、この再評価に際して機構に提出された「自己評価報告書」の「基準8 財務」のうちの21ページ(表紙を含めると22ページ)には、「教育・研究の充実には財源確保が必要であるが、本大学は平成19年度まで学園設立当初から寄付金、補助金等、外部資金に頼らない財務運営を実施していた。平成20年度の「自己点検・評価」の受審で指摘を受けたこともあるが、平成20年度から科学研究費などの外部資金の導入に方針を変えた。」と記載されるようになった(以上、引用部分、リンク先について2019年10月16日確認済み)。
  3. ^ 「東京介護専門学校」だった可能性もある
  4. ^ “【売買】福岡・天神の商業施設、テナントのパルコが取得”. ケンプラッツ (日経BP). (2013年3月26日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20130326/608473/ 2013年8月27日閲覧。 
  5. ^ 固定資産の取得(売買予約契約の締結)に関するお知らせ (PDF)
  6. ^ PR TIMES』 都築学園グループ 2017年6月28日 18時25分「ベナン共和国に「Tsuzuki小学校」開校」(2019年10月15日確認)
  7. ^ 公的なプロフィールではこのようになっているが、梅光女学院大学大学院(2001年以降は梅光学院大学大学院)に設置されている文学系の研究科は文学研究科[2]である。
  8. ^ 日本経済大学福岡キャンパス「教員紹介」(2018年6月20日確認)
  9. ^ 博士論文・修士論文題目」 『福岡大学人文学部歴史学科』(2018年6月20日確認)
  10. ^ 徳島県立脇町高等学校より都築仁子学園総長へ感謝状」 『神戸医療福祉大学』 「お知らせ」 2016-10-21(2018年6月20日確認)
  11. ^ http://www.kinwu.ac.jp/topics/index.html?id=41999?pid=13308 ふくさきマラソンを開催しました」 『神戸医療福祉大学』 「お知らせ」 2016-04-24(2018年6月20日確認)
  12. ^ [「かれんとスコープ こんなとこにも「命名権」 トイレや歩道橋まで https://style.nikkei.com/article/DGXMZO12049500U7A120C1TZD000」] 『NIKKEI STYLE』 「くらし&ハウス」 2017/1/29(2018年6月20日確認)
  13. ^ 戸塚区との連携協力に関する基本協定締結式」 『横浜薬科大学』 2017-08-21(2018年6月20日確認)
  14. ^ ただし、本校は休校中である
  15. ^ 2019年現在、存在はしているが、休校中である
  16. ^ a b c 東京都生活文化局 私立専修学校一覧(平成24年5月) (PDF) ,2013/12/16 23:20(JST)閲覧。
  17. ^ https://facta.co.jp/article/200801027.html ザ・ファクタの記事から]
  18. ^ 山陽新聞の記事
  19. ^ NetIB-NEWS 巨大学園の実像を追う 都築学園グループ
  20. ^ 文部科学省 (2012年11月8日). “薬学系人材養成の在り方に関する検討会(第12回)配布資料1-3 ヒアリング調査対象大学 今後改善すべき事項”. 文部科学省. 2013年1月16日04:20閲覧。
  21. ^ http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/secchi/1330479.htm 学校法人の寄附行為及び寄附行為の変更の認可に関する審査基準第二の五の規定に基づく期間について(通知) 平成25年2月1日:文部科学省