学習図鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

学習図鑑(がくしゅうずかん)は、主として小学生、もしくは中学生の学習の手助けを念頭において、まず知識への興味と、多様な知識の世界に導くための教材として考えられた図鑑。大項目主義で、特に自然の生き物、地理、歴史、理科、英語、あるいは特に環境、恐竜などの分野、テーマにわたって、1巻ものから、数巻にわたるものまでさまざまなものがある。類似のもので、「子ども百科」という呼び方をするものがある。図鑑は、主として写真、イラスト、図解で見て学ぶことが中心で、理科、社会などの教科の知識分野が多く、子ども百科は、広く一般に知識分野のほぼ全般にわたっている。


歴史[編集]

その始まりは、宗教改革の時代、コメニウスが、自ら運営する学校の生徒たちのためにつくった『世界図絵』だと言われている。国内では、この手の出版物の最初のものは、『玉川児童百科事典』であるが、これは児童といいながら、高校生から大学生あたりまでの教養を網羅したものになっている。

「学習図鑑」と銘打った国内の刊行物は、1956年から小学館が『学習図鑑シリーズ』と題して28巻にわたり刊行したものが、この手の出版物のはしりと見られる。これは分冊販売されたもので、それぞれに「植物の図鑑」「昆虫の図鑑」「保健の図鑑」(のち「保健と人体の図鑑」)「家庭科の図鑑」などのタイトルがつけられていた。

学習図鑑の例[編集]

日本国内で刊行されているものの中から例をあげると、以下のようなものがある。

  • 『ニューワイド 学研の図鑑』 昆虫 植物 動物 魚 花 鳥 宇宙 恐竜 飼育と観察 水の生き物 星・星座 人のからだ カブトムシ・クワガタムシ 世界の昆虫 地球・気象 自動車・飛行機 鉄道・船 実験・自由研究 大昔の動物 爬虫類・両生類 鉱物・岩石・化石 動物のくらし 生き物のくらし 発明・発見
  • 小学館の図鑑NEO』 岩石・鉱物・化石 動物 植物 昆虫 魚 鳥 両生類・はちゅう類 水の生物 星と星座 宇宙 地球 恐竜 大むかしの生物 人間 乗りもの 飼育と観察 カブトムシ・クワガタムシ 科学の実験 野菜と果物 
  • 講談社の動く図鑑 MOVE』 動物 恐竜 昆虫 鳥 魚 宇宙 は虫類・両生類
  • 『ポプラディア大図鑑WONDA』 昆虫 動物 星と星座 植物 鉄道 魚 恐竜 水の生きもの 宇宙 鳥

関連項目[編集]

  • 調べ学習
  • CRDC・学習図鑑 - 岐阜大学教育学部付属カリキュラム開発研究センターが、岐阜県の地理、動植物・歴史・産業を学ぶための資料として小学生向けにオンラインで作成したウェブ学習図鑑