孫時憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
孫時憲(ソン・シホン)
Son Si-Hun
NCダイノス #80
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1980-10-19) 1980年10月19日(39歳)
身長
体重
172 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2003年 ドラフト外で斗山ベアーズに入団
初出場 2003年7月1日
最終出場 2019年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • NCダイノス (2020 - )
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2013年

孫時憲(ソン・シホン、1980年10月19日 - )は、韓国出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

経歴[編集]

斗山時代[編集]

東義大時代は大学球界を代表するショートとして活躍したが、韓国プロ野球のドラフトでは指名されず、2003年ドラフト外の申告選手(正式契約を結んでいない選手)として斗山ベアーズに入団した。高い守備力が評価され2003年のうちに正式契約を結び1軍に定着すると、2004年121試合に出場しショートのレギュラーに定着した。2005年、06年と2年連続で公式戦126試合に出場し、05年にはゴールデングラブ賞ショート部門を受賞した。

しかし2006年シーズン終了後、兵役免除のチャンスだったドーハアジア大会の韓国代表に選ばれず、兵役の義務を果たすため軍へ入隊すると、国軍体育部隊の尚武に所属し、2007年から08年にかけてプロ野球の2軍リーグに出場した。2007年11月には第37回IBAFワールドカップ台湾大会、2008年3月には北京五輪世界最終予選に韓国代表として出場した。

2008年11月に軍を除隊され、2009年シーズンから斗山に復帰しショートのレギュラーとして活躍し、4年ぶり2度目となるゴールデングラブ賞を受賞した。2009 ワールド・ベースボール・クラシックの予備選手だったが、最終エントリーには登録されなかった。2010年からは金東柱に代わって主将を務める。2010年広州アジア大会の韓国代表に選ばれ、ショートのレギュラーとして安定した守備で優勝に貢献した。2011年は故障もあって、新人だった2003年以来8年ぶりに出場試合数が100試合を下回った。

2012年、2013年と2年連続で出場試合数が100試合を下回った。2013年オフシーズン、初のFAの権利を行使しNCダイノスに移籍した。

NC時代[編集]

NCでは内野の主力として出場し続け、2017年オフシーズンに2度目のFAを行使し2018年から2年契約を結んだ。

2019年で契約が切れ同年限りでの現役引退を発表し、2020年よりNCの二軍守備コーチに転身する。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]







































O
P
S
2003
59 141 16 31 4 0 1 6 2 0 7 23 10 7 .220 .257 .270 .527
2004 122 347 45 80 20 2 2 39 0 2 36 56 9 13 .231 .303 .317 .620
2005 126 416 59 115 18 5 4 60 2 5 52 59 7 14 .276 .357 .373 730
2006 126 404 29 108 16 4 2 34 2 3 45 48 5 15 .267 .341 .342 .683
2007 兵 役
2008
2009
121 412 56 119 22 3 11 59 6 3 54 67 5 10 .289 .371 .437 .708
2010 128 433 51 118 19 1 8 62 0 2 53 64 12 14 .273 .352 .376 .728
2011 92 298 39 84 10 1 4 28 2 1 46 44 9 6 .282 .378 .362 .740
2012 86 272 24 67 11 1 5 31 4 2 25 40 12 5 .246 .310 .349 .659
2013 93 234 35 59 14 1 1 26 3 1 27 38 5 4 .252 .330 .333 .663
2014 N
C
97 307 39 90 20 1 5 39 2 1 41 53 10 6 .293 .368 .414 .782
2015 140 440 56 108 24 2 13 58 3 2 50 66 16 13 .245 .319 .398 .717
2016 110 341 36 104 21 2 5 39 1 0 51 48 13 13 .305 .394 .422 .816
2017 124 349 32 122 17 1 5 45 1 0 24 44 5 10 .350 .386 .447 .833
2018 67 128 12 24 4 0 2 14 2 0 20 20 3 3 .188 .295 .266 .561
2019 68 135 17 36 4 1 2 10 1 2 10 23 2 4 .267 .317 .356 .673
通 算 1558 4657 546 1265 224 25 70 550 31 24 541 693 123 137 .272 .344 .376 .720

韓国での獲得タイトル・記録[編集]