孫維世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sun Weiseh.jpg
周恩来・鄧穎超(左)と

孫 維世(そん いせい、1921年7月15日 - 1968年10月14日)は、革命烈士である孫炳文の娘で、周恩来養女話劇女優および演出家として知られた。出生時の名前は孫 光英

生涯[編集]

1921年に中華民国四川省南渓県で孫炳文と与任鋭の間に生まれた。1934年、12歳の時、北京の貝満女子中学校へ入学。14歳のときに母とともに上海へ行き、上海アマチュア演劇人協会(上海業餘劇人協会)に加わるとともに東方劇社の進歩演劇活動へ参加した。秋霞主演の映画《圧歳銭》に出演。1937年、兄の孫寧世とともに武漢八路軍事務所へ行き、翌年に16歳で中国共産党へ加入。日中戦争が勃発してからは、上海戯劇界救亡演劇隊へ参加した後に延安で学んだのち、1939年には周恩来の指示で延安からモスクワへ留学、演劇を学んだ。留学期間中にはソ連で戦傷療養を行っていた林彪から口説かれたが、受け入れなかったと言われる。1946年に帰国した後、馮風鳴、張醒芳、郭蘭英とともに「延安四大美女」と呼ばれるようになった。

その後、中国人民解放軍の文工団(文化工作団、歌舞・演劇などの小型上演団)へ参加し、陝西省(陝)、山西省(晋)、河北省(冀)へ従軍し活動した。1949年12月には、ソ連へ向かう毛沢東ロシア語通訳として随行。この際、毛沢東は孫維世と強引に男女の関係を結んだと言われている[1]。1950年には中国青年芸術劇院の演出(導演)に任命され、『ポール・コルチャーギン』では女優兼演出として活動した。また、既婚俳優である金山と恋に落ち、結婚した。

文化大革命時代には、女優としての名声の高さと毛沢東との男女関係から江青嫉妬を買い、迫害を受けた。孫維世は養父である周恩来が署名した逮捕状を以って[2]、北京公安局の留置場に送られ[3]1968年10月14日に獄中で死亡した。遺体は一対の手枷と足枷のみ身に付けた全裸の状態であった。一説には江青が刑事犯たちに孫維世の衣服を剥ぎ取らせて輪姦させ、輪姦に参加した受刑者は減刑を受けたと言う[4]。また、遺体の頭頂部には一本の長いが打ち込まれていたのが見つかった。これらの状況から検死を要求した周恩来に対し、「遺体はとうに焼却された」という回答のみがなされた。

孫維世の妹であった孫新世は、後に金山と結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ 京 夫子(著、原著)、船山秀夫(翻訳)、『毛沢東 最後の女』、中央公論新社、1999年11月
  2. ^ 中共中央黨校理論研究室副主任的阮銘1994年在《旋轉舞台上的周恩來》中寫道:「在査證『四人幫』的罪行中,發現那些文革中慘遭迫害的冤案,在逮捕令上幾乎都是周恩來的簽名,包括逮捕他自己的乾女兒孫維世。」
  3. ^ 張郎郎文集,孫維世的故事
  4. ^ 楊中美,《紅朝艷史─毛澤東的女人》,214頁