宇井貴志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇井 貴志
生誕 (1963-07-04) 1963年7月4日(54歳)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 筑波大学
横浜国立大学
一橋大学
東京財団仮想制度研究所
研究分野 ゲーム理論
母校 東京大学スタンフォード大学
学位 Ph.D.
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

宇井 貴志(うい たかし、1963年 - )は、日本ミクロ経済学者一橋大学教授。専門はミクロ経済学ゲーム理論。その中でも、ナイト的不確実性英語版と非対称情報下の金融市場、非期待効用に基づくゲーム理論、ゲーム理論におけるポテンシャル関数英語版に関心をもって研究をしている。

東京財団仮想制度研究所フェローとしても活動していた。

人物[編集]

経歴[編集]

主要論文[編集]

  • A Shapley Value Representation of Potential Games, Games and Economic Behavior英語版 31 (2000), 121-135
  • Robust Equilibria of Potential Games, Econometrica 69 (2001), 1373-1380
  • Incomplete Information Games with Multiple Priors (with Atsushi Kajii), Japanese Economic Review英語版 56 (2005), 332-351
  • The Ambiguity Premium vs. the Risk Premium under Limited Market Participation, Review of Finance 15 (2011), 245-275

出典[編集]