宇佐美一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇佐美一夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1914-03-15) 1914年3月15日
没年月日 (2000-06-08) 2000年6月8日(86歳没)
身長
体重
171 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

宇佐美 一夫(うさみ かずお、1914年3月15日 - 2000年6月8日)は、静岡県出身のプロ野球選手。ポジションは捕手一塁手

経歴[編集]

静岡中では4年まで柔道部。5年になってからは野球部に転向して捕手となる。鈴木芳太郎とバッテリーを組み、1930年連続で甲子園に出場。いずれも準々決勝で敗れている。成績は4試合で15打数3安打、打率.133[1]。その後は1931年横浜高商へ入学して、捕手として活躍。1934年に奉天満鉄倶楽部へ進むと、都市対抗には1938年までに4回出場し、弟・浜夫も同チームで活躍。兄弟選手としてファンを沸かせた。

終戦後は横浜のパン屋で働きながら神奈川商工でコーチを務めていたが、戦友だった徳永喜男から国鉄スワローズ西垣徳雄監督に紹介され、1950年6月、シーズン途中に36歳の高齢ながら入団。数年ぶりの硬式野球でもあったが正捕手、主軸打者として活躍する。翌1951年松竹ロビンスから佐竹一雄が移籍してきたのに伴い一塁手として出場する(捕手としても8試合に出場[2])。規定打席に到達し、佐竹に次ぐチーム2位の打率を記録。1952年は選手兼任コーチとなるが、一軍には2試合のみの出場に終わり、二軍監督として役割を果たした。同年引退。

その後は国鉄・サンケイのコーチ(1953年 - 1963年, 1967年)を務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 国鉄 88 321 303 26 86 8 2 5 113 33 1 1 3 -- 15 -- 0 21 14 .284 .317 .373 .690
1951 92 303 289 20 82 7 1 7 112 37 0 3 3 -- 11 -- 0 13 14 .284 .310 .388 .698
1952 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算 : 3年 182 626 594 46 168 15 3 12 225 70 1 4 6 -- 26 -- 0 34 28 .283 .313 .379 .692

背番号[編集]

  • 35 (1950年 - 1951年)
  • 40 (1952年 - 1958年)
  • 51 (1959年)
  • 50 (1960年 - 1963年)
  • 57 (1967年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 恒川(2005年)、p95。
  2. ^ 『日本プロ野球大百科 2004』(ベースボール・マガジン社、2004年)、p499。

参考文献[編集]

  • 恒川直俊『出身地別 懐かしの甲子園球児たち』(東京堂出版、2005年)

関連項目[編集]