宇佐美祐茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇佐美祐茂(うさみ すけもち)とは、伊豆国宇佐美荘を拠点とし、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて生きた武士であり、宇佐美氏の祖[1]宇佐美助茂宇佐美三郎とも。

藤原南家の流れをくむ工藤氏の6代目であり伊東氏の祖でもある開発領主工藤祐隆(伊東家次)の本領である、伊東庄宇佐美庄を受け継いだ工藤祐継の子であり、『曽我物語』(曾我兄弟の仇討ち)で敵役となった工藤祐経の弟でもある。父から宇佐美荘を継承し、宇佐美氏を名乗るようになった。

1180年治承4年)の源頼朝の挙兵から随行し、奥州攻めや京都入りにも参加した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 宇佐美祐茂とは - 日本人名大辞典+Plus/朝日日本歴史人物事典/コトバンク

関連項目[編集]