宇佐美鉱油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 宇佐美鉱油
Usami Kohyu Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 宇佐美
本社所在地 日本の旗 日本
450-0002
愛知県津島市埋田町1-8
(本社機能は、名古屋市中村区名駅南1-15-21 宇佐美名古屋ビル)[1]
設立 1958年(昭和33年)7月
(有限会社宇佐美鉱油店)
業種 卸売業
法人番号 7180001096360
事業内容 石油製品の販売、グループの本部機能[1]
代表者 代表取締役社長 宇佐美三郎[1]
資本金 5,000万円
売上高 連結8,500億円(2008年度)
従業員数 連結3,000名(2008年度)
主要子会社 株式会社東日本宇佐美
株式会社西日本宇佐美
関係する人物 宇佐美史郎(創業者)
外部リンク http://usami-net.com/
特記事項:創業は1950年(昭和25年)
テンプレートを表示

株式会社宇佐美鉱油(うさみこうゆ、英文社名:Usami Kohyu Corp.)は、石油販売(ガソリンスタンド)などを行っている日本企業である。

概説[編集]

株式会社宇佐美鉱油はグループの統括会社で、実際に石油小売店を運営しているのは、子会社の株式会社東日本宇佐美および株式会社西日本宇佐美である。

複数の石油元売り会社(出光昭和シェルJXTGエネルギーなど)と契約しているため、ガソリンスタンドによってブランドが異なる。ブランドの看板のほかに、宇佐美の看板も掲げている(一部地域で放送されているラジオ・テレビCMでも、単に「宇佐美」と称している)。高速道路サービスエリアバイパス、主要国道インターチェンジなどを中心に立地しており、運送会社などとの大口契約も多い事から、長距離トラックの給油が多い。2013年2月現在、香川県高知県沖縄県を除く44都道府県においてスタンドを運営している。

1959年、創業者の宇佐美史郎が、伊勢湾台風後の災害復興にかけつけた多くのトラックを見た事が、長距離トラックを対象としたチェーン展開を閃く契機となった。

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年) - 愛知県津島市弥生町で創業[2]
  • 1958年(昭和33年)7月 - 有限会社宇佐美鉱油店に改組[2]
  • 1966年(昭和41年) - 有限会社宇佐美共栄社を設立[2]
  • 1967年(昭和42年) - 株式会社山陽宇佐美を設立[2]
  • 1969年(昭和44年) - 株式会社中部共進石油を設立[2]
  • 1973年(昭和48年) - 株式会社九州宇佐美、株式会社東北宇佐美を設立[2]
  • 1976年(昭和51年) - 株式会社美国鉱油を設立[2]
  • 1979年(昭和54年) - 有限会社宇佐美鉱油店が株式会社宇佐美鉱油に改組[2]
  • 1986年(昭和61年) - 株式会社東京宇佐美、株式会社関東宇佐美を設立[2]
  • 1987年(昭和61年) - 株式会社美国鉱油を株式会社東北宇佐美に統合[2]
  • 1990年(平成2年) - 株式会社北海道宇佐美を設立[2]
  • 1993年(平成5年) - 株式会社関西宇佐美を設立[2]
  • 1997年(平成9年) - 株式会社北陸宇佐美を設立。
  • 2002年(平成10年) - 株式会社上信越宇佐美を設立[2]
  • 2004年(平成12年) - 株式会社ユーオーエスを設立[2]
  • 2005年(平成17年) - 11子会社を株式会社東日本宇佐美および株式会社西日本宇佐美に統合[2]
  • 2006年(平成18年) - 株式会社宇佐美鉱油、本社事務所を津島市より名古屋市(現在地)へ移転[2]
  • 2007年(平成19年) - 株式会社宇佐美保険サービスを設立。同年、株式会社ダイツーの全株式を取得し、子会社化[2]
  • 2009年(平成21年) - 株式会社正起北興(現・株式会社宇佐美エナジー)の全株式を取得し子会社化[2]
  • 2012年(平成24年) - 古河コマース株式会社(後の株式会社宇佐美コマース)の全株式を取得し子会社化[2]
  • 2013年(平成25年) - 古河コマース株式会社を株式会社宇佐美コマースに、株式会社正起北興を株式会社宇佐美エナジーにそれぞれ商号を変更[2]
  • 2015年(平成27年) - 株式会社宇佐美エンジニアリングを設立[2]
  • 2016年(平成28年) - 株式会社宇佐美エナジーが株式会社宇佐美コマースを吸収合併。

特徴[編集]

特徴的な設備[編集]

長距離トラックドライバーを対象にしたチェーン展開を行っていることから、シャワールームやトラック用洗車機を導入している店舗が多い。中にはコインランドリーを併設している店舗も存在する。

ポイントカード[編集]

自社独自の現金専用ポイントカードである、Usappyカード(うさっぴぃカード)を導入している。またクレディセゾンと提携したVISA付与のクレジットカードハウスカード)であるUsappyカードプラスを発行している。そのため、スタンドによっては僅かながら、石油元売りが参入・提携しているポイントカード(ENEOSでのTポイント昭和シェルでのPonta出光での楽天スーパーポイントなど)が使用できない場合がある。(両対応として双方にポイントをつけるスタンドや、顧客が選択した片方だけにポイントをつけるスタンドもある)

広告宣伝活動[編集]

ラジオ

monaka」交通情報(月~木曜日、12:35頃)
FUNKY FRIDAY」交通情報(金曜日、12:35頃)

関連会社[編集]

  • 宇佐美グループ
    • 株式会社東日本宇佐美 - 北海道-関東地区SS運営会社(秋田県全域と青森県の一部を除く)
    • 株式会社西日本宇佐美 - 中部-九州地区SS運営会社
    • 有限会社宇佐美共栄社 - 配送・施設管理会社
    • 株式会社ユーオーエス - 人材派遣・警備会社
    • 株式会社宇佐美保険サービス - 損害保険代理店
    • 株式会社ダイツー
    • 株式会社宇佐美エナジー - 2013年10月1日、株式会社正起北興より商号を変更[3]。2016年7月1日、株式会社宇佐美コマースを吸収合併。石油製品等の販売 他 
    • 株式会社宇佐美エンジニアリング - 風力発電設備のメンテナンス会社
    • 三国商事株式会社 - ホームページの会社概要には載っていないが、宇佐美グループ企業であり、秋田県全域と青森県の一部で提携SSを運営。
    • 株式会社ユーオーエスセキュリティー - 警備保障会社(2010年3月31日会社清算。現在はユーオーエスに統合)
    • 三和エナジー株式会社(さんわえなじー)は、日本の石油製品小売業者

出典[編集]

  1. ^ a b c 組織図・事業所一覧”. 株式会社宇佐美鉱油. 2016年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 沿革”. 株式会社宇佐美鉱油. 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ 子会社の社名変更に関するお知らせ”. 株式会社宇佐美鉱油. 2013年10月10日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]