半保護されたページ

宇内梨沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

うない りさ
宇内 梨沙
プロフィール
愛称 梨ー沙る☆うなポン♪
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
生年月日 (1991-09-21) 1991年9月21日(29歳)
身長 160cm
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学文学部
勤務局 TBSテレビ
部署 アナウンスセンター
ライブエンタテイメント局eスポーツ研究所所員
活動期間 2015年 -
出演番組・活動
出演中ひるおび!
S☆1』ほか
出演経歴NEWS23
Nスタ』ほか
備考
活動期間はアナウンサーとしてのもの。
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

宇内 梨沙(うない りさ、1991年9月21日 - )は、TBSテレビアナウンサー

来歴

神奈川県横須賀市出身。横須賀市立大楠小学校横須賀市立大楠中学校[1]神奈川県立横須賀高等学校[1]を卒業後、一年間の浪人生活を経験した。[2]慶應義塾大学文学部を卒業[3]

大学在学中は芸術学を専攻し[4]学芸員資格を取得。また学生時代よりTBSラジオの番組に出演したり、テレビ朝日アスクのアナウンススクールに通い、BS朝日の学生キャスターを務めたりした[5]

2011年に「学生HEROES!Presents フレッシュキャンパスコンテスト2011」に出演して準グランプリを受賞[6]2013年にはミス慶應のグランプリに輝いている[7][8]

2015年4月、TBSテレビに入社[9]。同期はアナウンス職に上村彩子[注釈 1]、一般職に高梨寛大[注釈 2]がいる。後談となるが、最初はテレビではなくラジオ局を志望していたようである[11]

幼少期よりゲームに没頭しており、エレクトロニック・スポーツ(eSports)への造詣が深い。自身のInstagramでゲームを楽しむ姿を動画で紹介したり[12]、格闘ゲームイベント『EVO Japan 2018』に参戦するなどセミプロゲーマーとしての顔も併せ持つ[13]。2020年からTBSテレビライブエンタテイメント局内の新設部署「eスポーツ研究所」所員も兼務している。その事業の一環としてYoutubeに自らのチャンネルを開設し、ゲーム実況を行なっている[14]アニメ漫画と言ったカルチャーも好み、好きな音楽ジャンルはアニメソングである。[11]

2020年11月1日、地元横須賀の『横須賀盛り上げ大使』に就任した[15]

人物 

家族 

三人兄弟の末っ子で兄が2人いる。父、正城氏は横須賀市の建設会社宇内建設社長であり、2020年12月5日に藍綬褒章を受賞した。正城氏は考古学者赤星直忠に師事して考古学を学び、自社内に赤星直忠博士文化財資料館を設置している。兄2人も美術史歴史を学んでおり、一家で研究者気質だったと語っている[1]

エピソード 

アフター6ジャンクション』では、底抜けの明るさと無邪気な少年性を持つことで「小学5年生」とも揶揄されている[16]。パーソナリティである宇多丸RHYMESTER)からは、宇垣美里と名字が混同し、度々「宇垣さん」と呼び間違えていたことから、番組内でリスナーに宇内の愛称を公募した結果、「梨ー沙る☆うなポン♪(りーさるうなぽん)」に決定した[17]

現在の出演番組

テレビ

ラジオ

過去の出演番組など

TBS入社後

テレビ

レギュラー番組
  • Nスタ
    • 平日版第0・1部【ニュースワイド】(月 - 水曜日、2015年9月28日 - 2016年3月23日)
    • 日曜版スポーツキャスター(2019年6月2日 - 2020年9月27日)
  • はやドキ!(金曜日、2015年10月2日 - 2016年3月25日)
  • おびゴハン!(2016年10月24日 - 2017年3月) - 出演しない週あり
  • NEWS23(2016年3月28日 - 2019年5月31日) - スポーツキャスター
  • Paraviの学校(「カイモノラボ」内、2019年4月 - 7月)
    2019年3月に退社した宇垣美里から、Paravi関連の広報活動(「パパパパラビ!」など)を引き継ぐ
  • 報道特集(スポーツキャスター、2019年6月1日 - 2020年9月19日)
  • 有田プレビュールーム(進行、2020年7月6日 - 2021年3月15日)
  • TBSニュースバード(木曜日、2015年10月1日 - 2016年3月)
単発番組ほか

ラジオ

TBS入社前

その他のメディア

  • 白夜ムック577 『eスポーツマガジン Vol.2』【女性ゲーマー徹底インタビュー】 - 白夜書房(2018年5月31日発売)[22]
  • FLASH』2021年4月27日号 【グラビア】 - 光文社(2021年4月13日発売)[23]

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 上村も「学生HEROES!Presents フレッシュキャンパスコンテスト2011」でファイナリストに選ばれている。
  2. ^ スキージャンプ選手・高梨沙羅の実兄。自身もスキージャンプ選手だった[10]

出典

  1. ^ a b c 夢を叶える。そのために必要なこと-「学びが可能性や選択肢を広げる」”. タウンニュース (2019年7月12日). 2020年11月4日閲覧。
  2. ^ 宇内梨沙アナ「人生で一番の失敗」は大学浪人…「何者でもない存在だった不安感があった」スポーツニッポン(オンライン版)、2020年5月15日
  3. ^ 横須賀広める架け橋に”. タウンニュース. 2015年5月10日閲覧。
  4. ^ プロフィール 宇内 梨沙 慶應義塾大学 ミスキャンパス 2013 Miss Campus 2013”. ミスキャンパスポータルサイト. 2013年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月9日閲覧。
  5. ^ auヘッドライン”. 2014年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月18日閲覧。
  6. ^ 宇内梨沙のプロフィール”. 2016年12月26日閲覧。
  7. ^ ミスキャンパス受賞者から人気女子アナが生まれづらくなった理由”. 週プレNEWS (2020年11月22日). 2020年11月22日閲覧。
  8. ^ 2013年度ミス慶應 宇内梨沙さんに決まる”. 慶應塾生新聞会. 2015年5月10日閲覧。
  9. ^ タカアンドトシ、入社式でTBS新入社員にエール「真面目にやれば偉くなる」”. マイナビニュース. 2015年5月10日閲覧。
  10. ^ 高梨沙羅の兄・寛大さんTBS入社 目指すはスポーツ局部長”. スポーツニッポン (2015年4月1日). 2015年5月11日閲覧。
  11. ^ a b 入社2年目で抜てき、TBS宇内梨沙アナ 白鵬から“洗礼”も…スポーツの顔へ突っ走る!”. サンケイスポーツ (2016年4月9日). 2019年5月20日閲覧。
  12. ^ 「eスポーツ」という言葉ご存知でしょうか 宇内梨沙Instagram 2018年1月11日]”. 2018年6月17日閲覧。
  13. ^ EVO Japan、ガチくん初戦の相手はTBSの宇内梨沙アナか? Impress PCWatch 2018年1月17日”. 2018年6月17日閲覧。
  14. ^ "TBS宇内アナ、ユーチューブチャンネル『女子アナゲーマー宇内e』開設". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 10 November 2020. 2020年11月10日閲覧
  15. ^ 宇内梨沙様の横須賀盛り上げ大使就任について(2020年11月6日)”. 横須賀市 (2020年11月6日). 2021年2月16日閲覧。
  16. ^ 【宇内アナ発狂寸前】名曲「バレンタイン・キッス」を3時間聴き続けた人間の末路が悲惨すぎる - TBSラジオ 2019年2月14日
  17. ^ 【TBSアナウンサー×「ラジオ」Vol.1 宇垣美里】テレビとは違う距離感に喜び「コアなファンに会ったような…」 - オリコン 2018年7月23日
  18. ^ ドライブヘッド:宇内梨沙アナが本人役で出演 笹川友里アナの“ピンチヒッター”に”. まんたんウェブ (2017年9月22日). 2018年8月1日閲覧。
  19. ^ 横浜一筋25年!!! ハマの番長こと、三浦大輔さん 単独インタビュー!!”. 2016年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月10日閲覧。
  20. ^ バックナンバー 2013年7月17・18日”. TBSラジオ&コミュニケーションズ『たまむすび』. 2015年5月11日閲覧。
  21. ^ キタコレポート! Vol. 5735 かごしま茶でホッと一息♪レポーター宇内梨沙ちゃん登場”. キタコレ!(博報堂ケトル・ストーブカンパニー). 2015年5月11日閲覧。
  22. ^ 白夜ムック577 『eスポーツマガジン Vol.2』”. 2018年6月17日閲覧。
  23. ^ TBS宇内梨沙アナがグラビアに初挑戦、「長い間カメラを向けられると、途端に恥ずかしく…」”. ENTAME next. 徳間書店 (2021年4月13日). 2021年4月13日閲覧。