宇和島弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

宇和島弁(うわじまべん)は愛媛県宇和島市およびその周辺で話される日本語の方言四国方言の南予方言に属す。

概要[編集]

京阪式アクセントまたはその亜型に属す四国方言の中にあって東京式アクセントを用いる四国西南部方言に属す。高知県の幡多弁とは姉妹の関係にあり、アクセントが共通する。ただし幡多弁が四つ仮名を区別するのに対し、宇和島弁は二つ仮名方言である。文法は四国方言で広く共通する要素を用いる。

愛南町では過去の助動詞「…た」が「…とー」になって現れる場合がある[1]。これは他に甲州弁だけで見られる興味深い特徴である。

脚注[編集]

  1. ^ 方言文法全国地図PDF版ダウンロード