宇多頼重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
宇多頼重
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 慶長5年9月17日1600年10月23日
官位 河内
氏族 宇多氏
父母 父:宇多頼忠
兄弟 頼重寒松院真田昌幸正室)
皎月院石田三成正室)、石川頼明正室

宇多 頼重(うだ よりしげ)は、安土桃山時代武将

宇多頼忠の子として誕生。石田三成の正室・皎月院の兄に当たると言われている(異説では弟とも)。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで父と共に佐和山城を守備していたが、9月15日に三成ら西軍が大敗・壊滅すると小早川秀秋らによって攻撃を受ける。抵抗したもののかなわず、9月17日に父や石田正継正澄父子らと共に自害した。