宇奈月駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
宇奈月駅
Unazuki Station, ekisha.jpg
駅舎
うなづき
Unazuki
(6.5 km) 黒薙*
所在地 富山県黒部市黒部峡谷口
北緯36度48分54秒 東経137度35分9.4秒 / 北緯36.81500度 東経137.585944度 / 36.81500; 137.585944 (宇奈月駅)座標: 北緯36度48分54秒 東経137度35分9.4秒 / 北緯36.81500度 東経137.585944度 / 36.81500; 137.585944 (宇奈月駅)
所属事業者 黒部峡谷鉄道
所属路線 黒部峡谷鉄道本線
キロ程 0.0 km(宇奈月起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1953年昭和28年)11月16日[1]**
乗換 宇奈月温泉駅富山地方鉄道本線
* 当駅~黒薙駅間に柳橋駅・森石駅(専用駅)あり
** 関西電力による地方鉄道法に基づいた旅客営業の開始日
テンプレートを表示

宇奈月駅(うなづきえき)は、富山県黒部市黒部峡谷口にある黒部峡谷鉄道本線

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線をもつ地上駅[1]。構内に引込み線が多数ある。駅舎は三角屋根の大きなもので[1]、団体客などの利用に対応している。改札を通って階段を下ったところにプラットホームがある。駅前には駐車場を備えている[1]

駅周辺[編集]

富山地方鉄道宇奈月温泉駅が徒歩5分ほどの距離にある。なお、黒部峡谷鉄道では移動や乗車手続きを含めると、乗継ぎには15分以上の余裕が必要としている。

  • 宇奈月温泉
  • 黒部川電気記念館 - 正面にEB形電気機関車(EB5)が展示保存されている。
  • セレネ美術館
  • トロッコ広場 - 2013年で退役したED11号電気機関車と客車ハフ10が展示されている。
  • やまびこ展望台 - 新山彦橋を一望できる高台。
  • やまびこ遊歩道[3] - 宇奈月ダム建設に伴い付け替えられた黒部峡谷鉄道本線の旧線跡を転用した遊歩道。

隣の駅[編集]

黒部峡谷鉄道
本線
関西電力専用列車
宇奈月駅 - 柳橋駅
旅客列車
宇奈月駅 - 黒薙駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 川島 2010, p. 87.
  2. ^ a b c d e 朝日 2011, p. 25.
  3. ^ とやま観光ナビ 山彦橋・山彦遊歩道 - とやま観光推進機構

参考文献[編集]

  • 川島令三『【図説】日本の鉄道中部ライン 全線・全駅・全配線 第7巻 富山・糸魚川・黒部エリア』講談社、2010年10月20日。ISBN 978-4-06-270067-2。
  • 『週刊歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄19 富山地方鉄道 富山ライトレール・万葉線 黒部峡谷鉄道・北越急行』朝日新聞出版、2011年7月24日。

関連項目[編集]