お知らせ:「ご利用上の注意」の変更について

宇宙はジョークでいっぱい〜宇宙開発ちょっといい話〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

文学
Lit.jpg
ポータル
各国の文学
記事総覧
出版社文芸雑誌
文学賞
作家
詩人小説家
その他作家

宇宙はジョークでいっぱい〜宇宙開発ちょっといい話〜』(うちゅうはジョークでいっぱい うちゅうかいはつちょっといいはなし)はアメリカのノンフィクション。

概要

原著はボブ・ウォード(Bob Ward)の“The Light Stuff: Space Humor-From Sputnik to Shuttle”(1982年)。野田昌宏訳による日本語版が1985年角川書店より文庫にて出版された。冒頭にはウォルター・クロンカイトが一文を寄せている。

宇宙開発創世記からNASA創立、アポロ計画スペースシャトル飛行に至るまでのジョーク・警句・珍事・悪ふざけなどをまとめたもの。登場人物もニール・アームストロングアラン・シェパード宇宙飛行士)、ウェルナー・フォン・ブラウンからソ連の宇宙開発者、無名の軍人・技術者、新聞記者、野次馬など非常に多岐に渡っている。

備考・トリヴィア

今日は何の日(3月30日

もっと見る

「宇宙はジョークでいっぱい〜宇宙開発ちょっといい話〜」のQ&A