宇宙将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
宇宙将棋の3次元将棋盤

宇宙将棋[要検証 ](うちゅうしょうぎ、: Space Shogi)は、1987年にGeorge R. Dekle, Sr.によって考案された3次元将棋類である[1][2]。ゲーム空間は垂直に積み重ねられた9枚の9×9将棋盤から構成される。それぞれのプレーヤーは通常の将棋駒を用いる。

宇宙将棋はMichael Keller編『World Game Review No. 10』に収録されている[3]

ルール[編集]

宇宙将棋は駒の種類や数、初期配置など通常の将棋の慣習に従う。捕獲した駒の使用や成、王手、詰み、持将棋など全ての将棋のルールが適用される。しかし、駒は移動に関して3次元の自由度を有する。

初期配置[編集]

先手はレベル1から3、後手はレベル9から7に駒を配置する。

先手のレベル1(後手のレベル9)の初期配置。通常の将棋とは異なり、銀将は香車と桂馬の間(2九と8九)に配置される。
先手のレベル2(後手のレベル8)の初期配置。角行と飛車は通常の将棋と同じ配置である。
先手のレベル3(後手のレベル7)の初期配置。歩兵は通常の将棋と同じ位置に配置される。

脚注[編集]

  1. ^ Pritchard (1994), p. 285
  2. ^ Pritchard (2007), p. 261
  3. ^ Keller, Michael, ed (June 1991). World Game Review (Michael Keller) (No. 10). ISSN 1041-0546. 

参考文献[編集]

  • Pritchard, D. B. (1994). The Encyclopedia of Chess Variants. Games & Puzzles Publications. ISBN 0-9524142-0-1. 
  • Pritchard, D. B. (2007). Beasley, John. ed. The Classified Encyclopedia of Chess Variants. John Beasley. ISBN 978-0-9555168-0-1. 

関連項目[編集]

  • 三次元チェス
  • George Dekle考案の将棋類
    • 六角将棋英語版 — 6角形のマスを使用する。
    • 三角将棋英語版 — 3角形のマスを使用する。
    • 煉瓦将棋英語版 — 通常のマスだが互い違いになっている。