宇月颯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

宇月 颯(うづき はやて、1985年[1]4月17日[2][1][3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組の男役スター。

埼玉県熊谷市[3]深谷第一高等学校出身[3]。身長166cm[1]。愛称は「とし」[3]

所属事務所はジャンクション[1]

来歴[編集]

2002年、宝塚音楽学校入学。

2004年、宝塚歌劇団に90期生として入団[1][2]。入団時の成績は6番[4][5]雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台[3][2][5]。その後、月組に配属[2][5]

ダンサーとして頭角を現し[1]、2010年、「ジプシー男爵」で新人公演初主演[1][2][5]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[5]

2017年、自身初のミュージック・パフォーマンス「MOON SKIP」を開催[1]

2018年5月6日、「カンパニー/BADDY」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2]。同年6月よりジャンクション所属となり、芸能活動を開始[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2004年4〜7月、雪組『スサノオ-創国の魁(さきがけ)-』『タカラヅカ・グローリー!』[5]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2015年9月、愛希れいかミュージック・パフォーマンス『Wonder of Love』
  • 2017年11〜12月、宇月颯ミュージック・パフォーマンス『MOON SKIP』 主演[1]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 宇月颯公式プロフィール有限会社ジャンクション
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 人生は直感!「面白そう!と思ったことはとりあえずやってみます」元タカラジェンヌ宇月颯さんの生き方って?Domani
  3. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、46頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  4. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、116頁。ISBN 9784484146010
  5. ^ a b c d e f g h i j k l フェアリーインタビュー/月組 宇月颯ウィズたからづか
  6. ^ 1/7~13のみ
  7. ^ 口を裂かれた青年が“本当の笑顔”求め葛藤、浦井健治らの「笑う男」開幕ステージナタリー
  8. ^ ミュージカル座3月公演 『ブレイン・ストーム』ミュージカル座
  9. ^ 「RUN FOR YOUR WIFE」延期公演に宇月颯、山本一慶演じる重婚タクシー運転手の妻役でステージナタリー