宇江敏勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇江 敏勝(うえ としかつ、1937年8月25日 - )は、日本の作家著述家

現在の三重県尾鷲市出身[1]。炭焼きの家で育ち、和歌山県立熊野高等学校卒業後、和歌山の山林で働く。同人誌VIKING』に参加し、小説エッセイをかく。1980年自伝「山びとの記」を発表、話題となった[2]

著書[編集]

  • 『山びとの記 木の国果無山脈』中公新書 1980
  • 備長炭 [第3分冊] 労働と暮らし』吉田弥左衛門 田奈部豆本 1982
  • 『山に棲むなり 山村生活譜』新宿書房 1983
  • 『山びとの動物誌』木村しゅうじ画 福音館書店 福音館日曜日文庫 1983
  • 『山の木のひとりごと わたしの民俗誌』新宿書房 1984
  • 『老師が語る百年こぼればなし・抄』編 吉田弥左衛門 田奈部豆本 1985
  • 『木と人間の宇宙 1 (若葉萌えいづる山で)』欅源三郎写真 福音館書店 福音館日曜日文庫 1987
  • 『木と人間の宇宙 2 (青春を川に浮かべて)』欅源三郎写真 福音館書店 福音館日曜日文庫 1987
  • 『昭和林業私史 わが棲みあとを訪ねて』農山漁村文化協会 人間選書 1988
  • 『炭焼日記 吉野熊野の山から』新宿書房 1988
  • 『木の国紀聞 熊野古道より』新宿書房 1989
  • 『熊野草紙』草思社 1990
  • 『さらば学舎』中川秀典写真 求竜堂 1990
  • 『森のめぐみ 熊野の四季を生きる』岩波新書 1994
  • 『樹木と生きる 山びとの民俗誌』新宿書房 1995
  • 宇江敏勝の本」新宿書房
    1. 『森をゆく旅 木と人と技』1996
    2. 『炭焼日記 吉野熊野の山から』1996
    3. 『山びとの動物誌 紀州・果無山脈の春秋』1998
    4. 『山に棲むなり 山村生活譜』2001
    5. 『樹木と生きる 山びとの民俗誌』2001
    6. 『若葉は萌えて 山林労働者の日記』2002
  • 『熊野修験の森 大峯山脈奥駈け記』岩波書店 1999
  • 『まつわか』西野通広絵 わかやま絵本の会 熊野古道おはなしシリーズ 1999
  • 『森の語り部』新宿書房 2000
  • 「宇江敏勝の本 第2期」新宿書房
    1. 『熊野修験の森 大峯山脈奥駈け記』2004
    2. 『山びとの記 木の国果無山脈』2006
    3. 『森のめぐみ 熊野の四季を生きる』2006
    4. 『熊野川 伐り・筏師・船師・材木商』2007
    5. 『森とわたしの歳月 熊野に生きて七十年』2008
    6. 『山河微笑 熊野古道の里で』2009
  • 『世界遺産熊野古道』新宿書房 2004
  • 『炭焼物語』武野繁泰作画 青林堂 2005
  • 『山人伝』新宿書房 2011
  • 『幽鬼伝』新宿書房 2012
  • 『鹿笛』新宿書房 2013
  • 『鬼の哭く山』新宿書房 2014
  • 『黄金色の夜』新宿書房、2015

脚注[編集]

  1. ^ 熊野草紙286P、宇江敏勝、草思社、1990年、ISBN 978-4794203885
  2. ^ 日本人名大事典