宇治の宝蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇治の宝蔵(うじのほうぞう)は、中世日本御伽草子などの説話に現れる架空の経蔵京都府宇治市にある平等院の阿弥陀堂南西にあったと推定される[1]

概要[編集]

経蔵の鍵は藤氏長者が代々受け継いで一切経会の日に開扉されるといい、藤原頼通は死後に龍神に姿を変えて宇治川に棲んだとされ、丑の刻になると川から姿を現して経蔵を見回ったという[1]。藤原氏長者が就任後はじめて訪れる「宇治入り」のとき以外は人の立ち入りが厳重に管理された[2]

収蔵品[編集]

御伽草子などの書物[注 1][注 2][注 3]では、宇治の宝蔵に酒呑童子玉藻前大嶽丸の首や遺骸が納められたとされ、これら日本三大妖怪の遺骸や遺骸の一部は宝蔵の所有者が妖怪の霊力に勝る武力・知略・神仏の加護を所有している象徴とされる[3]。他に『源氏物語』「雲隠」なども収蔵されたという[2]

ただし宇治の宝蔵は空想世界のことであり、現実世界の宇治の宝蔵にはこれら収蔵品が含まれたという記録はない[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 逸翁美術館蔵『大江山酒天童子絵巻』に記述される
  2. ^ 根津美術館蔵『玉藻前草子』に記述される
  3. ^ 刊本『たむらのさうし』に記述される

出典[編集]

  1. ^ a b 蔵田 2016, p. 93.
  2. ^ a b 黒田 2011, pp. 23-27.
  3. ^ 小松 2007, pp. 184-186.
  4. ^ 小松 2007, pp. 193-194.

参考文献[編集]

  • 蔵田敏明『京都魔界探訪』扶桑社〈FUSOSHA MOOK〉、2016年7月。ISBN 9784594610951。
  • 黒田智『藤原鎌足、時空をかける─変身と再生の日本史』吉川弘文館歴史文化ライブラリー 314〉、2011年2月1日。ISBN 9784642057141。
  • 小松和彦『日本妖怪異聞録』講談社講談社学術文庫〉、2007年8月10日。ISBN 9784061598300。