宇津忠茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
宇津忠茂
時代 戦国時代
生誕 文明8年(1476年
死没 天文16年2月4日1547年3月5日
別名 左衛門五郎
戒名 源秀
墓所 長福寺(愛知県岡崎市
主君 松平清康
氏族 宇都宮氏流宇津氏(大久保氏
父母 宇津忠与
阿部忠吉の叔母
忠平、忠俊忠次忠員、忠久、忠行、加藤景成室、杉浦政次室

宇津 忠茂(うつ ただしげ)は、戦国時代武将松平氏の家臣。大久保氏の祖。

生涯[編集]

大永6年(1526年)清康が松平昌安岡崎城を急襲して攻め取ろうとした時、これを諌めてまず支城の山中城を攻略してから降伏を促すように進言した。結果その策が成功したため、清康から武功抜群として望みのままの恩賞を約束されるが、これを固辞してただ領内に市場を開くことを許された。忠茂はこの市場で貧民に温情をかけて租税を軽くしたため、人々は清康の徳を称し、清康は忠茂の忠義を賞した。

出典[編集]