宇津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇津駅
宇津駅舎模型(道の駅おこっぺ)
宇津駅舎模型(道の駅おこっぺ
うつ
Utsu
班渓 (3.3km)
(5.7km) 北興
所在地 北海道紋別郡興部町字宇津
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 名寄本線
キロ程 58.6km(名寄起点)
電報略号 ウツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1921年大正10年)10月5日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 名寄本線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1978年の宇津駅と周囲約500m範囲。上が紋別方面。短めの相対式ホーム2面2線、駅舎横に貨物ホームと2本の引込み線、駅裏に副本線を持つ。駅裏は畑になっているが、かつては広いストックヤードがあり、沢山の木材が野積みされていた。写真の時期は貨物取扱い廃止の直前で、かろうじて駅舎横だけが使用されていたようである。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

宇津駅(うつえき)は、かつて北海道網走支庁紋別郡興部町字宇津に設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)名寄本線廃駅)である。電報略号ウツ。名寄本線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。プラットホームは、線路の南西側(遠軽方面に向かって右手側)に存在した[2]。そのほか旧貨物線線である、名寄方から駅舎側に分岐し駅舎西側のホーム切欠き部分への側線を1線有した[2]。かつては2面2線の相対式ホームを有する、列車交換可能な交換駅であった。交換設備運用廃止後は線路は撤去されたが、ホーム前後の線路は転轍機の名残で湾曲していた[2]

無人駅となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の南西側に位置し、ホーム中央部分に接していた。開業以来の古い木造駅舎であった[3]

駅名の由来[編集]

当駅が所在した地名より。アイヌ語の「ウッ[4]」(肋骨、転じて横の川)に由来している[5]

「ウッ」、あるいは「ウッナイ[6]」(肋骨・川)に由来する地名・駅名は北海道内各地にある(宗谷本線歌内駅など)が、本流の両岸から小さい支流が流れ込む様を、背骨とあばら骨にたとえた地名である[2][7][5]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

2000年(平成12年)時点で空地となっており、駅までの舗装道路のみが残存していた[3]。2010年(平成22年)時点でも同様で[9]、2011年(平成23年)時点でも更地であり何も残っていなかった[10]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
名寄本線
班渓駅 - 宇津駅 - 北興駅

脚注[編集]

  1. ^ 興部町百年史 平成5年3月発行。
  2. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)209ページより。
  3. ^ a b 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)40ページより。
  4. ^ アイヌ語ラテン翻字: ut
  5. ^ a b アイヌ語地名リスト イチャ~エリ P11-20”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  6. ^ アイヌ語ラテン翻字: ut-nay
  7. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)186ページより。
  8. ^ a b c 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)18ページより。
  9. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)34ページより。
  10. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)118ページより。

関連項目[編集]