宇田泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇田 泰三(うだ たいぞう、1947年 - )は、日本の化学者大分大学工学部名誉教授、元宇部興産中央研究所診断薬研究室長。学位は工学博士九州大学)。

研究業績[編集]

2005年9月に、世界ではじめてインフルエンザウイルスを無効化するスーパー抗体酵素(Antigenase)を作り出すことに成功した。このスーパー抗体酵素は、抗体でありながら酵素作用を持っており、狙った蛋白質を天然酵素に近い活性で破壊することができる。スペイン風邪アジア風邪の二種類のインフルエンザウイルスを無効化することが確認されており、さらに数種類のインフルエンザウイルスにも効果があるとみられている。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1974年‐九州大学大学院工学研究科応用化学専攻博士課程修了
  • 1975年 - 九州大学 工学博士 論文の題は「低級オレフィンの酸化的脱水素二量化芳香族化反応に関する研究」[1]

職歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース