宇神幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇神 幸男(うがみ ゆきお、1952年 - )は、日本小説家音楽評論家愛媛県宇和島市生まれ。本名は神應幸男[1]。宇和島市役所勤務。

1989年、フランスのピアニスト、エリック・ハイドシェックの再デビューコンサートを宇和島市立南予文化会館で企画・開催する。1990年、音楽ミステリー『神宿る手』で小説家デビュー。2004年、『悲将の島』で第10回鳥羽市マリン文学賞入選[2]2005年、『人魚のいた夏』で第9回海洋文学大賞の海洋文学賞部門佳作に選ばれる[3]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 神宿る手(1990年4月 講談社 / 1993年4月 講談社文庫
  • 消えたオーケストラ(1991年4月 講談社 / 1994年7月 講談社文庫)
  • ニーベルングの城(1992年10月 講談社
    • 【改題】ニーベルンクの城(1996年7月 講談社文庫)
  • 美神の黄昏(1993年12月 講談社 / 2000年1月 講談社文庫)
  • 髪を截る女(1993年7月 実業之日本社
  • 水のゆくえ(1995年9月 角川書店
  • ヴァルハラ城の悪魔(1997年3月 講談社ノベルス

音楽関連書籍(共著)[編集]

歴史書[編集]

  • シリーズ藩物語 宇和島藩(2011年8月 現代書館
  • シリーズ藩物語 伊予吉田藩(2013年4月 現代書館)

ラジオドラマ脚本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本財団図書館(電子図書館) 第9回海洋文学大賞受賞作品集
  2. ^ 鳥羽市/入選 「悲将の島」 宇神幸男(神應幸男)
  3. ^ 日本財団図書館(電子図書館) 第9回海洋文学大賞受賞作品集