宇藤純久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇藤 純久
Yoshihisa Utoh
宇藤 純久 Yoshihisa Utohの画像
プロフィール
リングネーム オルカ宇藤
宇藤 純久
七転 抜刀斎
本名 宇藤 純久
ニックネーム 抜刀斎
身長 183cm
体重 100kg
誕生日 (1988-05-12) 1988年5月12日(31歳)
出身地 愛知県
所属 大日本プロレス
スポーツ歴 学生プロレス
柔道
トレーナー 岡林裕二
鈴木秀樹
デビュー 2015年3月25日
テンプレートを表示

オルカ宇藤(おるか うとう 1988年5月12日 -)は、日本プロレスラー愛知県出身。大日本プロレス所属。前リングネームおよび本名は宇藤 純久(うとう よしひさ)。

経歴[編集]

立命館大学の立命館プロレス同好会(RWF)に七転 抜刀斎(しちてん ばっとうさい)のリングネームで所属し、学生プロレスサミットに出場するなど活躍[1]。2012年からプロレスリング紫焔のリングにも上がり、こちらでもセミレギュラーとして活動する[2]

その後、大日本プロレスの入団テストに合格し2014年に正式入団。練習生を経て、本名で2015年2月からエキシビジョンマッチに出場するようになり[3]、3月25日の新木場1stRING大会でのvs橋本和樹・大森達男戦(パートナーは河上隆一)で大日本デビュー。8月16日に後楽園で鈴木秀樹と対戦、その後大日本最侠タッグリーグ戦にデビュー直後ながら鈴木とのチームで出場。

2016年12月30日、後楽園ホール大会で関本大介から直接勝利し、関本の持つBJW認定世界ストロングヘビー級王座挑戦を表明。

2017年1月29日、名古屋大会にて関本の持つBJW認定世界ストロングヘビー級王座に初挑戦するも敗北。

2018年、8月12日から開幕する最侠タッグリーグにアブドーラ小林とのタッグでデスマッチブロックにエントリーしたことで、デスマッチへの参戦を開始。タッグリーグでは4勝2敗でブロック2位となり準決勝に進出する活躍を見せた。

2019年1月31日アイスリボン所属の世羅りさと入籍[4][5]

戴冠歴[編集]

大日本プロレス
その他

エピソード[編集]

  • インタビュアーの吉田豪とよく似た顔立ちをしており、本人もそのことを認めていた[6]。しかし2018年10月25日後楽園ホール大会よりスキンヘッドになるなど髪型はよく変えている。

得意技[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]