宇賀島水軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇賀島水軍(うかしますいぐん)または宇賀島衆(うかしましゅう)は、現在の山口県屋代島(周防大島)を拠点に戦国時代に活動した水軍。宇賀島忠重が頭取である。

大内義隆に仕えていたが、義隆が重臣の陶隆房の謀反で大寧寺自害した(大寧寺の変)ので、隆房に仕えた。しかし、毛利元就と隆房の戦いである厳島の戦いで忠重は屋島守備軍大将となったが、襲撃を受けて忠重は戦死、宇賀島水軍は滅びた。宇賀島水軍の滅亡後、村上水軍が台頭する。

参考文献[ソースを編集]