宇賀渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇賀渓から望む竜ヶ岳

地理院地図 Googleマップ 宇賀渓の位置図

宇賀渓(うがけい)は、三重県いなべ市大安町石榑南の宇賀川(員弁川支流)にある渓谷

概要[編集]

鈴鹿国定公園の一角に位置する。鈴鹿山脈竜ヶ岳から流れ出る宇賀川の下刻作用によって、一帯の花崗岩が浸食されできたものであり、無数の瀑布と深がる。魚止滝[1]をハイライトに、燕滝、長尾滝、御所滝、昇竜洞などの名所があり、滝巡りが人気を集めている。また、河岸には地元の森林所有者・七大字森林組合が管理する宇賀渓キャンプ場があり、ハイキングコースも多く設置されている[2]。数ある鈴鹿山脈の渓谷の中でも特に規模が大きく、見応えがあることで、一帯の中でも景観は随一と称えられている。

宇賀渓の滝[編集]

宇賀渓の入口(標高約250m[3]には、観光案内所、駐車場、トイレ、売店、飲食店などがある。渓谷に沿った北河内林道を進むとその終点にホタガ谷分岐がある。ホタガ谷には竜ヶ岳の裏道登山道があり、宇賀渓本流には中道登山道がある[4]。本流には、多くの滝がある。

魚止滝
(落差8m)
五階滝
(総落差25m)
長尾滝
(落差30m)
宇賀渓の滝と紅葉
Uodomekaki Ugakei 2002-5-14.jpg Gokaitaki Ugakei 2002-10-24.jpg Ngaotaki Ugakei 2002-5-24.jpg Ugakei 2009-11-20.jpg

交通・アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ いなべ市HP(観光の魚止滝)
  2. ^ いなべ市HP(観光の宇賀渓遊歩道)
  3. ^ 国道421号沿いにあり、その近くを東海自然歩道が通っている。
  4. ^ 『御在所・霊仙・伊吹 2010年版 (山と高原地図 44)』昭文社、ISBN 978-4-398-75724-1

参考文献[編集]

  • 『鈴鹿の山 万能ガイド』中日新聞社、ISBN 4-8062-0526-5
  • 『改訂新版 名古屋周辺の山』山と渓谷社、ISBN 978-4-635-18017-7

関連項目[編集]