宇遠内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇遠内駅
うえんない
Uennai
声問 (5.0*km)
(2.1*km) 南稚内
所在地 北海道稚内市潮見4丁目
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 146.8*km(音威子府起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1955年昭和30年)12月2日(仮乗降場)
1987年(昭和62年)4月1日(駅昇格)
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 天北線廃線に伴い廃駅
*キロ程は実キロ(営業キロは最後まで設定されなかった)
テンプレートを表示
1977年の宇遠内仮乗降場と周囲約500m範囲。左が南稚内方面。稚内市街地内の駅で、仮乗降場にしては長いホームを持つ。周囲に待合室は見当たらない。付近は各路地から線路を横切る小道が多く目立つ。上に流れるのが改修前のウエンナイ川。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

宇遠内駅(うえんないえき)は、北海道宗谷支庁稚内市潮見4丁目にかつて存在した、北海道旅客鉄道(JR北海道)天北線廃駅)である。天北線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームと線路を有する地上駅であった。ホームは、線路の北側(南稚内方面に向かって右手側)に存在した[1]。南稚内方(西側)にスロープを有し、[1]道路に連絡していた。

仮乗降場に出自を持つ無人駅となっており、駅舎および待合所は存在しなかった。

駅名の由来[編集]

当駅の所在地近辺の地名及び河川名より[注 1]。地名は、アイヌ語の「ウェン・ナイ」(悪い川)に由来する。付近を流れるウェンナイ川は、鉱物が溶け込んだ水質のために魚が棲まなかったことから、その名が付けられた。

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

2001年(平成13年)時点では跡形も無く、稚内市道の「天北通」となっていた[3]。2010年(平成22年)時点でも同様であった[4]。現在、当駅跡地の確認は困難な状況にある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
天北線
声問駅 - 宇遠内駅 - 南稚内駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 稚内市汐見の東に「ウエンナイ」の地名あり(書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)17ページより)。

出典[編集]

  1. ^ a b 書籍『追憶の鉄路 北海道廃止ローカル線写真集』(著:工藤裕之、北海道新聞社2011年12月発行)30ページより。
  2. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)17ページより。
  3. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVIII』(JTBパブリッシング2001年8月発行)42ページより。
  4. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)19ページより。

関連項目[編集]