宇部マテリアルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇部マテリアルズ株式会社
Ube Material Industries,Ltd.
ANA CROWNE PLAZA UBE.jpg
本社が入居する宇部興産ビル
種類 株式会社
市場情報
東証2部 5390
2013年7月29日上場廃止
福証 5390
2013年7月29日上場廃止
略称 宇部マテリア、宇部マテ
本社所在地 日本の旗 日本
755-0043
山口県宇部市相生町8-1
宇部興産ビル
設立 1949年9月8日
(宇部化学工業)
業種 ガラス・土石製品
法人番号 9250001002978
事業内容 耐火材料、石灰の製造・販売
代表者 取締役社長 安部研一
資本金 40億47百万円
発行済株式総数 80,948,148株
売上高 単独:374億円/連結:382億円
純資産 単独:281億円/連結:284億円
総資産 単独:391億円/連結:403億円
従業員数 単独:654名/連結:817名
決算期 3月末
主要株主 宇部興産 53.30%
山口銀行 4.00%
主要子会社 東北鉄興社
外部リンク www.ubematerials.co.jp
特記事項:登記上の本店所在地は山口県宇部市大字小串1985番地。
各種経営指標は2013年3月期。
テンプレートを表示

宇部マテリアルズ株式会社(うべマテリアルズ)は、山口県宇部市に本社を置く耐火材料の製造販売などを行う企業。宇部興産連結子会社である。

概略[編集]

源流企業は、南満州鉄道の主導の下、理化学研究所沖の山炭鉱古河電気工業三菱重工業住友金属工業の出資により設立された日満マグネシウム株式会社。当時、軍需物資として需要が急増していたマグネシウムを供給することが目的であった。

現在の主な製品は耐火材料のマグネシア(酸化マグネシウム)、製鉄所向けのカルシア(酸化カルシウム)などであり、この2つで売上の9割以上を占める。また、海水中のマグネシウム分を原料としたマグネシアクリンカー(耐火物原料)を国内で唯一製造する。

他に、カルシア事業の一環として、「フレッセラ」ブランドの基礎化粧品や「カルシードライ」「カラッと快眠」等の除湿剤脱臭剤の製造・販売を行っている。宇部興産グループとしては珍しい一般消費者向けのビジネスを手掛けている。

主要事業拠点[編集]

  • 本社(山口県宇部市)
  • 東京本部(東京都中央区)
  • 研究開発本部(山口県宇部市)
  • 生産・技術本部(山口県宇部市)
    • 宇部工場(山口県宇部市)
    • 美祢工場(山口県美祢市)
    • 千葉工場(千葉県市原市)

沿革[編集]

  • 1933年(昭和8年)10月 - 日満マグネシウム株式会社設立(マグネシウム部門の創業)。
  • 1938年(昭和13年)4月 - 日満マグネシウムが理研産業団(理研コンツェルン)の一員となり、理研金属株式会社に社名変更。
  • 1941年(昭和16年)12月 - 株式会社日本石灰工業所設立(カルシウム部門の創業)。
  • 1949年(昭和24年)9月 - 財閥解体に伴い、理研金属の第2会社として宇部化学工業株式会社設立。
  • 1951年(昭和26年)12月 - 宇部化学工業が理研金属を合併。
  • 1987年(昭和62年)10月 - 日本石灰工業所を日本石灰工業株式会社に社名変更。
  • 1990年(平成2年)11月 - 日本石灰工業を株式会社カルシードに社名変更。
  • 1997年(平成9年)4月 - 宇部化学工業とカルシードが合併し(存続会社は宇部化学工業)、宇部マテリアルズ株式会社発足。
  • 2013年(平成25年)8月 - 株式交換により宇部興産の完全子会社となる。

歴代社長[編集]

歴代の社長はいずれも親会社の宇部興産出身である。 以下は合併後の宇部マテリアルズ設立時以降。

氏名 任期 出身校 入社年
(宇部興産)
備考
1 坂本汎司 1997年-2000年 東大経済 1957年
2 鈴木正勝 2000年-2003年 京大 1961年
3 光井一彦 2003年-2007年 山口大 1965年 山口県公安委員会委員長
日本商工会議所監事
宇部商工会議所会頭
4 安部研一 2007- 京大 1973年

製品[編集]

など

関連項目[編集]