宇部伊佐鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇部伊佐鉱山
UBE Isa mine.jpg
中央が伊佐鉱区。右側(東側)3か所は、上から雨乞・金山・丸山鉱区。画面左下に伸びる道は宇部興産専用道路
所在地
宇部伊佐鉱山の位置(山口県内)
宇部伊佐鉱山
宇部伊佐鉱山
所在地 山口県美祢市伊佐町
日本の旗 日本
座標 34°10′39″N 131°13′28″E / 34.17750°N 131.22444°E / 34.17750; 131.22444座標: 34°10′39″N 131°13′28″E / 34.17750°N 131.22444°E / 34.17750; 131.22444
生産
産出物 石灰石
生産量 年産800万トン
歴史
開山 1948年
所有者
企業 宇部興産
プロジェクト:地球科学/Portal:地球科学

宇部伊佐鉱山(うべいさこうざん)は山口県美祢市に所在する鉱山である。宇部興産により、露天掘りでの石灰石採掘が行われている。

歴史[編集]

1946年昭和21年)9月に宇部興産伊佐採石所(現 宇部伊佐鉱山伊佐鉱区)を発足し鉱山開発を開始、1948年9月より採掘を開始した[1]1955年には隣接地に伊佐セメント工場が完成し、シャフトキルンを使用したセメントクリンカーの製造を開始した[2]1965年より周辺の土地の取得を始め、1973年から丸山鉱区、1982年からは雨乞鉱区での採掘を開始。3鉱区を合わせて、年間約800万トンの石灰石を産出している。2016年11月16日には、累積出鉱量が5億トンに達した[3]2018年11月4日からは、4番目の鉱区となる金山鉱区からの出鉱を開始している[4]

特徴[編集]

4鉱区中最大規模の伊佐鉱区は深さ100m以上、直径は約1.2Kmにおよぶ[5]。伊佐鉱区は市街地に近接し、人家に最も近いところで150mほどしかない。発破に制約があることから、奥村組土木興業に発注し、ヴィルトゲン英語版社の岩盤切削機を使用した採鉱が行われている[6]。工場で消費する電力は自家発電で賄い、2014年実績で廃棄物の原料代替利用116万トン、熱エネルギーとして9万トン消費している[2]。伊佐セメント工場の工程はクリンカーの製造までであり、セメントに仕上げる工程は宇部市の宇部セメント工場で行われる。クリンカーおよび他の事業所等で使用される石灰石は宇部興産専用道路で輸送される[5]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『鉱山を行く』イカロス出版、2012年9月10日。ISBN 978-4-86320-623-6。