宇部工業高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇部工業高等専門学校
略称 宇部高専
英称 National Institute of Technology, Ube College (NITUC)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
設立年 1961年
学科 機械工学科
電気工学科
物質工学科
制御情報工学科
経営情報学科
専攻科 生産システム工学専攻
物質工学専攻
経営情報工学専攻
所在地 755-8555
山口県宇部市常盤台2-14-1
北緯33度57分19.3秒東経131度16分29.5秒
ウェブサイト https://www.ube-k.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
宇部工業高等専門学校の位置(山口県内)
宇部工業高等専門学校
宇部高専の位置(山口県)

宇部工業高等専門学校(うべこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Ube College ,NITUC)は、山口県宇部市にある日本の国立高等専門学校である。1962年に設置された。略称は宇部高専

概要[編集]

宇部工業高等専門学校は、国立宇部工業短期大学を前身とし、高等専門学校制度が発足した1962年に国立高専第1期校の12校のひとつとして設置された。

山口県内には後に、大島商船高専1967年)、徳山高専1974年)が設置されるが、全国に51校しかない国立高等専門学校が、1つの県で3校存在するケースは非常に珍しい(他県で3校設置は福岡県のみ(北九州高専久留米高専有明高専)。また、面積の広い北海道には、4校設置されている)。

沿革[編集]

歴代校長[編集]

  • 初 代:田中 晃(山口大学長併任)
  • 第2代:加藤 常太郎(元 九州大学生産科学研究所長)
  • 第3代:山縣 清(元 九州大学教員養成所教授)
  • 第4代:今川 博(元 山口大学工学部教授)
  • 第5代:木村 規(元 山口大学工学部教授)
  • 第6代:大原 資生(山口大学名誉教授)
  • 第7代:三分一 政男(山口大学名誉教授、元 山口大学長)
  • 第8代:幡中 憲治(元 山口大学工学部教授)
  • 第9代:福政 修(元 山口大学大学院理工学研究科教授)
  • 第10代:三谷 知世(元 東京工業高等専門学校教授)

設置学科[編集]

本科(準学士課程)[編集]

  • 機械工学科
  • 電気工学科
  • 物質工学科
  • 制御情報工学科
  • 経営情報学科

専攻科(学士課程)[編集]

  • 生産システム工学専攻
  • 物質工学専攻
  • 経営情報工学専攻

学生生活[編集]

  • 現在は4学期制だが、過去には大学短期大学と同様に、二学期制(前期・後期)を採用していた。(以前は9月に前期末試験が行われ、10月上旬の秋休み後に後期に入っていたが、平成19年度(2007年度)から前期は8月上旬に終わり、後期は10月から始まるようになった。)
  • 本科4学年、もしくは本科5学年から、教授准教授研究室に入り卒業研究を行う。卒業研究の開始時期は学科によって異なり、機械工学科・電気工学科・物質工学科は4学年後期、制御情報工学科は4学年前期、経営情報学科は5学年から始まる。
  • 高専をストレートに5年間で卒業できる者は、全国平均でおよそ3/4といわれているが、当校も例外ではなく、原級留置(留年)する学生も少なくない。因みに当校の最高在籍記録は11年(1年間の休学を含む)である。また、同じクラスから一度に18人の留年者を出した事(つまりクラスメートの約半分が留年)もある。

学生寮[編集]

常盤湖の畔に「白鳥寮(はくちょうりょう)」が設置されている。

  • 当初男子寮のみで1~2学年は全寮制、3~5学年は希望制であったが、1990年4月より全学年希望制となった。また、同時に女子寮が設置された。

クラブ活動[編集]

クラブの数は宇部市近郷の高等学校、高等専門学校の中で最も多い。(2017年6月現在)

体育系[編集]

文化系[編集]

  • JAZZ研究会(非公式)
  • 経営情報学科 資格取得愛好会(非公式)

立地[編集]

丘陵地である常盤台に位置し、山口大学工学部(常盤キャンパス)に隣接する。モモイロペリカンカッタ君」で知られるときわ公園が近くにある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国内大学[編集]

交通アクセス[編集]

卒業後の進路[編集]

  • 1967年に第一期卒業生を送り出して以降、本科卒業生7,032名、専攻科修了生371名が国内外で活躍している。(2013年3月現在)


就職

  • 就職率は、東証一部上場企業を中心にほぼ100%である。


進学

  • 専攻科(学士課程)の発足、高専卒業生を過半数編入学させることを目的とした豊橋技術科学大学長岡技術科学大学の創設(1976年)、及び大学の高専卒業生編入学の門戸が広がったことにより、近年進学する学生が増加している。
  • これまでに1,109名の本科卒業生が、高専専攻科や大学に編入している。進学の内訳は以下のとおりである。(2013年3月現在)
  • これまでに約110名の専攻科修了生が大学院へ進学しており、その95%が国立大学の大学院である。

著名な出身者[編集]

  • 玉野和紀 - 俳優・振付家・タップダンサー(工業化学科卒)
  • 堀信一 - CIJ代表取締役社長(電気工学科卒)
  • 岡村精二 - 山口県議会議員・学校法人「山口精華学園」理事長 他(機械工学科卒・工学博士

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]