宇都宮市サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇都宮市サッカー場
"栃木SC宇都宮フィールド"
宇都宮市サッカー場
宇都宮市サッカー場の位置(栃木県内)
宇都宮市サッカー場
施設情報
所在地 栃木県宇都宮市中久保2-1-25[1]
位置 北緯36度33分44.92秒 東経139度55分31.67秒 / 北緯36.5624778度 東経139.9254639度 / 36.5624778; 139.9254639座標: 北緯36度33分44.92秒 東経139度55分31.67秒 / 北緯36.5624778度 東経139.9254639度 / 36.5624778; 139.9254639
開場 1979年
所有者 宇都宮市
運用者 公益財団法人宇都宮市スポーツ振興財団
グラウンド 人工芝(119m×80m)[1]
旧称
宇都宮市サッカー場
使用チーム、大会
栃木SC(Jリーグ)※練習会場。Jリーグ・JFL使用不可
収容能力
2,441人(固定席:441、芝生席:2,000)[1]

宇都宮市サッカー場(うつのみやしサッカーじょう)は、栃木県宇都宮市が運営するサッカー場。施設は宇都宮市が所有し、公益財団法人宇都宮市スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

第35回国民体育大会(栃の葉国体、1980年)のサッカー会場として1979年に建設された。当初は天然芝のグラウンドであったものの芝は数年で剥げ、その後は長年に亘って土のグラウンドとなっていたが、2008年4月に人工芝が敷かれた[2]。隣接地にハーフサイズのサブグラウンドがありこちらは天然芝となっている。

現在は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する栃木SCが練習場として使用する他、全国高等学校サッカー選手権大会の県予選などで使用される。また、1993年の全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会の会場にもなった。

名称について[編集]

2009年4月、宇都宮市は「施設愛称によるプロスポーツ応援事業」により、宇都宮市サッカー場の愛称を「栃木SC宇都宮フィールド」とすることを決定した[3]。なお、命名権契約では無いため、愛称設定に伴う費用は発生していない[4]

アクセス[編集]

  • JR宇都宮駅からバス「中平出・柳田車庫」行きで産業技術大学校前下車[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 施設紹介 宇都宮市スポーツ振興財団 2013年7月19日閲覧
  2. ^ 宇都宮市サッカー場人工芝グラウンドオープニングイベント” (日本語). 栃木サッカークラブ (2008年4月1日). 2010年11月6日閲覧。
  3. ^ 市長定例記者会見平成21年4月”. 宇都宮市公式サイト. 2013年7月19日閲覧。
  4. ^ プロスポーツチームは市民共有の財産”. 笹川スポーツ財団公式サイト. 2013年7月19日閲覧。