宇都宮市連続爆発事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇都宮市連続爆発事件
Utsunomiya castle ruins Park.jpg
第2の事件の現場となった宇都宮城址公園
場所 日本の旗 日本栃木県宇都宮市
日付 2016年10月23日
午前11時33分(1回目の爆発)
午前11時40分(2回目、3回目の爆発)
標的 民間人
攻撃手段 自爆
武器 手製爆弾
死亡者 1名(犯人)
負傷者 3名
損害 乗用車2台
容疑者の自宅
犯人 元自衛官の男性
動機 「無差別殺人を起こしたい」という願望
対処 宇都宮市内のイベントの警備強化

宇都宮市連続爆発事件(うつのみやし れんぞくばくはつじけん)とは、2016年10月23日栃木県宇都宮市内の近接した3ヵ所で連続して起こった爆発事件。

概要[編集]

栃木県警察宇都宮城址公園コインパーキング被疑者の自宅の合わせて3ヵ所で爆発物が使われたとみて、元自衛官殺人未遂などの疑いで捜査した[1]。容疑者はネット上に「秋葉原無差別殺傷事件のような事件を起こしたい」との趣旨の書き込みを行っていた[2]

第1の事件[編集]

2016年10月23日午前11時33分ごろ、宇都宮市のコインパーキングで車が燃えているのを、通報を受け警戒中の栃木県警の警察官が発見。金属片を使用し殺傷能力を高めた爆発物による爆弾テロと判断される[3]。現場付近では、焦げた直径20cmほどの圧力鍋のふたが見つかった[2]

第2の事件[編集]

第1の事件があった約6分後の午前11時40分頃に宇都宮城址公園で人が燃えているのを別の警察官が発見。のちに被疑者の元自衛官の死亡が確認される。死因は胸腹部挫滅。栃木県警の調べで腹部付近に爆発物をベルトの様なもので固定し、公園のベンチに座って爆発させたとみられている。死亡した被疑者の靴下には遺書がはさまれていた[1][3]。近くを通りがかった中学生ら3人が巻き込まれ重軽傷を負った。公園では爆発物に使用したとみられるコイル、リード線、釘、ビー玉などが散乱していた[1]。事件当時、公園では「宇都宮城址まつり」が開催中で、事件の時間帯には江戸時代の日光社参を模した子供らによる「社参行列」が現場近くを通過予定だったが、進行の遅れから被害はなかった[2][4]

第3の事件[編集]

第2の事件とほぼ同じ時刻に宇都宮市内の被疑者の自宅が爆発炎上、屋根が吹き飛んだ[1]。被疑者宅からは現場検証により複数の家庭用打ち上げ花火が見つかった[2][4]

被疑者[編集]

陸上自衛隊で気象予報官を長年にわたり務めたほか、所属していた航空学校宇都宮分校では地上訓練機班長として訓練に使用するためのフライトシミュレーターの改修、パソコンのCPUの改良などの業務も行った[2]

2017年8月23日に栃木県警から殺人未遂、爆発物取締罰則違反(爆発物使用)、非現住建造物放火の容疑で被疑者死亡のまま宇都宮地方検察庁書類送検され[5]、同年12月5日に宇都宮地方検察庁から被疑者死亡で不起訴処分を受けた[6]

事件の背景[編集]

被疑者の元自衛官には、妻子がいたが、三女が2001年ころより精神疾患統合失調症)を患っており、被疑者は医療による治療を所望したものの妻は宗教、祈祷などに頼り、被疑者の退職金などを使い果たした。このため夫婦仲が悪化。妻や娘に対する暴力を理由に離婚裁判で最高裁判所まで争ったものの敗訴する。被疑者から相談を受けていた福祉団体会長によると、三女が家で暴れたため止めに入る際に弾みで妻と娘を殴ったことがあるとしている。裁判では被疑者の主張がほとんど認められなかったことで、裁判官弁護士に対して強い悪感情を抱くとともに、自殺願望を口にするようになっていた[7]

一方、被疑者の妻やその関係者らは、被疑者が自身のブログなどに書き込んだ事情はすべて嘘とし、三女が統合失調症を発症した原因は被疑者のDVであり、妻と三女に対し殴る蹴る、言葉による暴力を繰り返したため裁判所が保護命令を2回出したたほか、2012年には裁判所が配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律に基づき、被疑者に対し別居中の妻への接近禁止命令を出し、2014年には離婚裁判で全面的にその主張を認め約2000万円の支払いを命じたと反論した。なお、差し押さえできたのは現金700万円だけで、逆恨みを恐れ退職後に蓄えた老後資金の差し押さえはせず、さらに自宅の競売はあきらめたほか、妻が宗教法人に2000万円をつぎ込んだのも作り話だとし、すべては被疑者の妄想の産物だったとしている[8]

事件の影響[編集]

宇都宮市の佐藤栄一市長は、10月26日の定例会見で、事件を受け市内で開かれるイベントでの安全対策を強化する方針を打ち出した。市内のイベントでの不審者や危険物への対応を想定し、専門家の意見を参考に警備員の増員、防犯カメラの増設などを検討する[9]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “宇都宮の連続爆発事件 3か所で爆発物使用か”. NHK. (2016年10月25日12時05分). オリジナルの2016年10月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161027151140/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161025/k10010743221000.html 
  2. ^ a b c d e “宇都宮連続爆発事件“道連れ”自殺か「秋葉原のような事件を…」”. スポニチアネックス. (2016年10月25日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/10/25/kiji/K20161025013596970.html 
  3. ^ a b “宇都宮で連続爆発”. 朝日新聞. (2016年10月27日15時10分). オリジナルの2016年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161028154406/http://www.asahi.com/special/timeline/utsunomiya-explosion/ 
  4. ^ a b “自宅に花火の残骸、火薬使い爆発物自作か 宇都宮の事件”. 朝日新聞. (2016年10月24日11時45分). http://www.asahi.com/articles/ASJBS34G3JBSUUHB003.html 
  5. ^ 爆発事件の元自衛官書類送検=「動機は離婚判決に不満」-殺人未遂容疑・栃木県警”. 時事通信 (2017年8月23日). 2017年12月12日閲覧。
  6. ^ 宇都宮爆発事件、自殺の元自衛官を不起訴 宇都宮地検”. 産経新聞 (2017年12月5日). 2017年12月12日閲覧。
  7. ^ “宇都宮連続爆発事件…実妹がテレビに打ち明けた容疑者の私生活”. ライブドアニュース. スポーツ報知. (2016年10月25日17時45分). オリジナルの2016年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161025033537/http://news.livedoor.com/article/detail/12191720/ 
  8. ^ “宇都宮の連続爆発事件 容疑者のブログに妻サイド怒り「すべてウソ」”. ライブドアニュース. 日刊ゲンダイ. (2016年10月27日10時26分). オリジナルの2016年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161028215642/http://news.livedoor.com/article/detail/12201885/ 
  9. ^ “宇都宮連続爆発 イベントの安全対策強化へ”. 東京新聞. (2016年10月27日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201610/CK2016102702000178.html