宇都宮徹壱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇都宮 徹壱(うつのみや てついち、1966年3月1日 - )は、東京都出身のサッカーノンフィクションライター写真家東京芸術大学大学院美術研究科修了。

人物[編集]

大学院修了後、映像制作会社を経て、1997年から写真家・ノンフィクションライターとしての活動を開始。当初、旧ユーゴスラビア諸国等の旧社会主義国のサッカー事情について精力的に取材活動を行う。ワールドカップについては、1998年から取材を行っているが、スポーツ・ポータルサイトスポーツナビの特派員となった2002年以降、取材活動を本格化。なお、ワールドカップにおけるスポーツナビとの連携は2006年、2010年も継続。

2009年、ヨーロッパ各地のサッカー事情を取材した著書『フットボールの犬』が第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞。

現在は、東欧を始めとするヨーロッパだけでなく、JFL地域リーグなども取材対象としている。自称マスコット評論家。

主な著書[編集]

  • 『幻のサッカー王国』(勁草書房、1998年)ISBN 9784326851515
  • 『サポーター新世紀』(勁草書房、1999年)ISBN 9784326851584
  • 『ディナモ・フットボール』(みすず書房、2002年)ISBN 9784622033899
  • 『股旅フットボール 』(東邦出版、2008年)ISBN 9784809406959
  • 『フットボールの犬』(東邦出版、2009年)ISBN 9784809408335
  • 『松本山雅劇場 松田直樹がいたシーズン 』(カンゼン、2012年)ISBN 9784862551245
  • 『フットボール百景』(東邦出版、2013年 )ISBN 978-4809411571
  • 『サッカーおくのほそ道』(カンゼン、2016年) ISBN 978-4862553751
  • 『J2&J3 フットボール漫遊記』 (東邦出版、2017年) ISBN 978-4809414961
webマガジン