宇都宮環状北道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道119号標識

宇都宮環状北道路(うつのみやかんじょうきたどうろ)は、栃木県宇都宮市上戸祭町から同市平出工業団地に至る延長6.4 km地域高規格道路である。別名、豊郷バイパス(とよさとバイパス)。

宇都宮環状道路の北部区間を成し、国道119号の一部区間として新4号国道日光街道国道119号)を宇都宮市街地を経ずに結ぶ、国道119号バイパス的な機能を担っている。茨城西部宇都宮広域連絡道路の一部として整備された。国道119号と本路線は宇都宮北道路で結節されている。

本路線の建設前は、国道119号方面から県東南部方面(芳賀郡茨城県方面)へ抜ける車両は必ず市街地を経由せねばならず、行楽シーズンを中心に、その経路上にある桜通り競輪場通りに大渋滞を引き起こしていた。本路線の開通によって大渋滞は解消している。

概要[編集]

  • 起点:栃木県宇都宮市上戸祭町
  • 終点:栃木県宇都宮市平出工業団地
  • 延長:6.4 km
  • 幅員:23 - 41m

交差する道路など詳細[編集]

宇都宮環状道路の項を参照。

関連項目[編集]