宇都宮貞久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
宇都宮貞久
時代 南北朝時代
生誕 不明
死没 不明
官位 壱岐
主君 懐良親王
氏族 筑後宇都宮氏
父母 父:宇都宮貞泰、母:豊前宇都宮氏
兄弟 貞宗/義綱、貞久貞邦宗泰
懐久

宇都宮 貞久(うつのみや さだひさ)は、南北朝時代武将南朝に属した。

豊前国は同族の宇都宮宗房以来の豊前宇都宮氏の本拠地であり、南北朝時代、豊前宇都宮氏は北朝方に属したが、貞久は弟の貞邦と共に南朝方に属し、肥後国八代に移り、征西府の懐良親王直属の軍団の武将となる。