宇野円空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇野 円空(宇野圓空、うの えんくう、1885年11月27日 - 1949年1月1日[1])は、日本の宗教学者民族学者

経歴[編集]

京都生まれ。1910年東京帝国大学文科大学哲学科卒業[2]。同年、京都帝国大学大学院入学[3]。1912年佛教大学教授、1922年龍谷大学教授、1926年東京帝大文学部専任講師、1927年助教授[4]、1942年東洋文化研究所教授、1943年同所長。1946年定年退官、名誉教授[5]

1934年「マライシアニ於ケル稲米儀礼」で東京帝国大学から文学博士の学位を授与される[6]。1941年同著で学士院恩賜賞受賞。

著書[編集]

  • 『宗教学概論』文信社 1927
  • 『宗教民族学』人類学叢書 岡書院 1929
  • 『宗教学』岩波書店 続哲学叢書 1931
  • 『宗教の史実と理論』同文館 1931
  • 『仏教が要求する宗教生活』仏教研究叢書 大東出版社 1932
  • 『修験道』東方書院 日本宗教講座 1934
  • 『民族精神の宗教面』仏教新興叢書 仏教時報社 1935
  • 『家庭と宗教 正信と邪教』文部省社會教育局 家庭教育叢書 1936
  • 『国家の宗教的性格』日本文化協会 日本文化小輯 1936
  • 『宗教的情操と仏教の理念』新更会刊行部 1938
  • 『転換期の宗教』有光社 精神文化叢書 1938
  • 『仏教が要求する宗教生活』大東出版社 1938
  • 『マライシヤに於ける稲米儀礼』東洋文庫論叢 1941
  • 『宗教学通論』八洲書房 1943
  • 『仏教信仰聖話大集』国書刊行会 1977

編著[編集]

  • 『反宗教運動の批判』編 近代社 1932
  • 『聖典講讃全集』全7巻 編 小山書店 1934-35
  • 覚如上人』編 国書刊行会 1987
  • 存覚上人』編 国書刊行会 1987
  • 蓮如上人』編 国書刊行会 1987

翻訳[編集]

  • エミル・ブートルー『現代哲学に於ける科学と宗教』赤松智城共訳 博文館 1919
  • シー・エッチ・トーイ『宗教史概論 上巻』赤松智城共訳 博文館 1922
  • 『根本仏教聖典叢書 現代意訳 第2巻 中阿含経抄 経部 2」(林五邦共訳) 根本仏教聖典叢書刊行会 1923

論文[編集]

脚注[編集]