この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

宇野弥生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇野弥生
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1986-03-07) 1986年3月7日(32歳)
身長 159cm
体重 47kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 愛知支部
登録番号 4183
登録期 90期
級別 B1級
師匠 赤岩善生(3946)
特徴 自在
選手実績
デビュー日 2002年5月28日
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

宇野 弥生(うの やよい、1986年3月7日 - )は、千葉県出身埼玉県育ちで愛知県在住の競艇選手。登録番号4183。身長158cm。血液型B型。90期。愛知支部所属。

来歴

  • 千葉で生まれ、幼稚園から中学時代までを埼玉県草加市の地で過ごす。
  • 草加市立両新田中学校卒業[1]。中学時代、ソフトボール部のピッチャーかつ4番バッターで身体能力が抜群であった宇野は、体育の教師にプロのスポーツ選手になることを勧められ、(他の選手とスタートラインが同じである)競艇の道を選ぶ。
  • 中学を卒業後、高校に進学せずにやまと競艇学校に入学し翌年卒業[2]。リーグ戦勝率3.00。16歳で競艇選手となった宇野は親の転勤もあり、所属地を愛知に選ぶ。
  • 2002年5月28日、地元常滑競艇場で開催された「第7回 常滑市長杯争奪戦」第1レースでデビュー(6着)。[3]
  • 2003年4月桐生競艇場・一般戦で初勝利。
  • 2005年6月戸田競艇場女子リーグ戦で初優出。
  • 2007年女子王座決定戦徳山競艇場)に初出場し、3日目の第1レースでGI初勝利。奇しくも月が自分の名前と同じ「弥生(3月)」に変わって初めてのレースのことであった。
  • 2011年2月15日、少女時代を過ごした埼玉県の戸田競艇場・オール女子戦で2コースからデビュー初優勝。優勝戦進出通算14度目での優勝であった。決まり手は、海野ゆかりがインコースからフライングしたことによる「恵まれ」。
  • 2012年7月15日大村競艇場にて開催されたGIIモーターボート大賞第12レース優勝戦にてスタート展示で6コースに押し出されたが、本番はスローの4コースを取り、トップスタート(コンマ10)でまくり切って優勝。「ほんとにまさかです。自分が1番驚いてるんですから。夢みたいです」「展示は周りに乗り遅れたけど、本番は気合を入れていった。スタートして少しでも出ていたらまくるつもりだった」「今節は少しでも勉強できればと思っていたけど、先輩たちの勢いとか感じるものはあった。これからも私らしく走っていきたい」とコメントした。GII以上の男女混合戦で女子選手が優勝するのは、1999年山川美由紀GI四国地区選)以来13年ぶりの快挙となった。[4][5]
  • 2013年総理大臣杯競走でGII優勝者としてSG初出場を果たした(B1級での出場のためグランドチャンピオン決定戦競走は不可)。
  • 2014年笹川賞競走初出場。

獲得タイトル

  • GII 男女ガチンコモーターボート大賞(2012年)

人物・エピソード

  • スタート力は女子選手トップクラスであり、最近は、そのスタート力を生かして成績も上昇してきている。
  • 赤岩善生に弟子入りし、赤岩がレースに出ていない日に赤岩の家に行ってはプロペラや技術的な面で指導を受けていたが、今は一人でプロペラ作りに励んでいる。
  • 趣味はドライブ。同県の先輩である永井聖美とは遠くにまで出かける仲。また、ニコちゃんマークが好きで、ヘルメットにも描かれている。

脚注

  1. ^ LADIES BOATRACER 愛知支部 - スポーツ報知西部本社。2018年8月27日閲覧。
  2. ^ 90期以降の女子選手で高校に進学せず、直接同養成所に入所してビッグレース出場の常連となった女子レーサーは、宇野の他には大豆生田蒼程度しかいない。
  3. ^ BOAT RACE オフィシャル WEB 2002年5月28日1R常滑競艇場(デビュー)
  4. ^ BOAT RACE オフィシャル WEB 2012年7月15日12R大村競艇場(GII初優勝)
  5. ^ 宇野弥生G2初V会心まくり決まった/大村

関連項目