宇野晃司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うの こうじ
宇野 晃司
本名 鵜野 満雄(うの みつお)
生年月日 (1924-04-21) 1924年4月21日
没年月日 (2003-07-28) 2003年7月28日(79歳没)
出生地 日本の旗 日本 福岡県大牟田市
職業 俳優、ダンス講師
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1948年 - 1973年
1990年代 - 2003年
配偶者
主な作品
ウルトラQ

宇野 晃司(うの こうじ、1924年4月21日 - 2003年7月28日)は、日本の俳優、ダンス講師である[1][2][3][4]。本名は鵜野 満雄(うの みつお)[1]

来歴・人物[編集]

1924年(大正13年)4月21日福岡県大牟田市に生まれる[1][2][3][4]

福岡県立三池中学校(現在の福岡県立三池高等学校)を経て、1944年(昭和19年)に日本映画学校を卒業[1]。同年、東宝撮影所演技課へ映画学校より派遣入社する[1][3]。そして戦後、1948年(昭和23年)に公開された黒澤明監督映画『醉いどれ天使』でやくざ役として映画デビューし、以後も東宝を中心に数多くの作品に出演した[1][3][4]。また、ウルトラシリーズ第1作目『ウルトラQ』(TBSテレビ、1966年)では、杉本カメラマン役として準レギュラー出演していた[2]

1971年(昭和46年)に東宝を離れ、日本舞踊などのダンス講師として活動。TKKスイング・オーケストラ顧問「dannceソシアル」を主催した[1][3]

2003年(平成15年)7月28日、死去した。満79歳没。平成に入ってからもCMやテレビドラマなどにしばしば出演するようになり、最後の出演は深夜ドラマ『OL銭道』(テレビ朝日、2003年)であった。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 醉いどれ天使(1948年) - やくざ ※ノンクレジット
  • 野良犬(1949年) - スリの男 ※ノンクレジット
  • 生きる(1952年) - ヤクザの子分 ※ノンクレジット
  • 母と娘(1953年)
  • 坊っちゃん(1953年) - 新聞記者
  • この恋!五千万円(1954年)
  • 七人の侍(1954年) - 野武士
  • かくて自由の鐘は鳴る 福澤諭吉傳(1954年) - 服部浅之助
  • 君死に給うことなかれ(1954年)
  • ゴジラ(1954年) - 対策本部員 ※ノンクレジット
  • 密輸船(1954年)
  • ゴジラの逆襲(1955年) - 宇野 ※ノンクレジット
  • おえんさん(1955年) - ダンス教師
  • 初恋チャッチャ娘(1956年)
  • 暗黒街(1956年)
  • ならず者(1956年)
  • サザエさん(1956年) - 所員
  • 空の大怪獣ラドン(1956年) - 新聞記者A
  • 山と川がある町(1957年) - 店員
  • 目白三平物語 うちの女房(1957年) - 同僚
  • 山鳩(1957年) - 運輸省随員
  • 憎いもの(1957年)
  • 続サラリーマン出世太閤記(1957年) - 小杉
  • 柳生武芸帳 双竜秘剣(1958年)
  • 二人だけの橋(1958年) - 若い男
  • アンコールワット物語 美しき哀愁(1958年)
  • 重役の椅子(1958年) - 三瀬
  • 結婚のすべて(1958年) - シスターボーイA
  • ちゃっきり金太(1958年) - 桂小五郎と称する男
  • 俺にまかせろ(1958年)
  • 続 ちゃっきり金太(1958年) - 桂小五郎と称する男
  • 奴が殺人者だ(1958年)
  • 次郎長意外伝 灰神楽木曾の火祭(1958年)
  • 若旦那は三代目(1958年)
  • 暗黒街の顔役(1959年) - 跛足の三吉
  • 続・社長太平記(1959年)
  • 或る剣豪の生涯(1959年)
  • 社員無頼 反撃篇(1959年)
  • 野獣死すべし(1959年)
  • サラリーマン出世太閤記 課長一番槍(1959年) - 福島
  • 檻の中の野郎たち(1959年) - 青川
  • 独立愚連隊(1959年) - ヒョロヒョロの補充兵
  • サラリーガール読本 むだ口かげ口へらず口(1960年) - 島村
  • 新・三等重役 旅と女と酒の巻(1960年)
  • サラリーマン御意見帖 男の一大事(1960年)
  • 電送人間(1960年) - トラックの運転手
  • ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐(1960年)
  • 青い野獣(1960年)
  • ふんどし医者(1960年) - 百姓A
  • 駄々っ子亭主 続姉さん女房(1960年)
  • 花のセールスマン 背広三四郎(1960年) - セールスマン吉井
  • お姐ちゃんはツイてるぜ(1960年)
  • 大坂城物語(1961年)
  • 情無用の罠(1961年)
  • 背広三四郎 花の一本背負い(1961年)
  • 特急にっぽん(1961年)
  • 妻として女として(1961年)
  • 守屋浩の三度笠シリーズ 泣きとうござんす(1961年)
  • モスラ(1961年) - ダムの警官
  • 紅の海(1961年) - 三郎
  • トイレット部長(1961年) - 駅員A
  • 新入社員十番勝負(1961年)
  • 世界大戦争(1961年)
  • B・G物語 二十才の設計(1961年) - 曾我係長
  • 黒い画集 寒流(1961年) - 山崎支店長代理
  • 野盗風の中を走る(1961年)
  • 暗黒街撃滅命令(1961年) - ペイ中の男
  • その場所に女ありて(1962年) - 社員C
  • 続 新入社員十番勝負 サラリーマン一刀流(1962年)
  • 妖星ゴラス(1962年) - 新聞記者B
  • 僕たちの失敗(1962)
  • やま猫作戦(1962年) - 野村伍長
  • 暗黒街の牙(1962年) - 刑事A
  • サラリーマン無鉄砲一家(1963年)
  • にっぽん実話時代(1963年) - バー「ゆき」の客A
  • 写真記者物語 瞬間に命を賭けろ(1963年)
  • イチかバチか(1963年) - 医者 水野
  • 太陽は呼んでいる(1963年)
  • 海底軍艦(1963年) - 警官
  • 男嫌い(1964年)
  • モスラ対ゴジラ(1964年) - 漁民
  • 君も出世ができる(1964年) - ホテルのフロント係長
  • 宇宙大怪獣ドゴラ(1964年)
  • 三大怪獣 地球最大の決戦(1964年) - ホテルマン
  • 暗黒街全滅作戦(1965年)
  • 狸の大将(1965年) - 名店街の紳士
  • 血と砂(1965年) - 稲本
  • 怪獣大戦争(1965年) - 世界教育社社長秘書
  • 落語野郎 大馬鹿時代(1966年)
  • レッツゴー!若大将(1967年)
  • 殺人狂時代(1967年) - 首の長い男
  • 伊豆の踊子(1967年) - 客
  • クレージーの怪盗ジバコ(1967年)
  • 乱れ雲(1967年) - 風采の上がらぬ男
  • サラリーマン悪党術(1968年) - ハナ子
  • 連合艦隊指令長官 山本五十六(1968年)
  • 日本一の裏切り男(1968年) - 老婆の家族
  • ブラック・コメディ ああ!馬鹿(1969年) - 印刷屋
  • 赤毛(1969年)
  • 喜劇 新宿広場(1969年)
  • 栄光への反逆(1970年) - 食堂の親爺
  • 激動の昭和史 軍閥(1970年)
  • ひらヒラ社員 夕日くん(1970年)
  • 商魂一代 天下の暴れん坊(1970年) - 男A
  • 紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る(1972年)
  • 卒業旅行 Little Adventurer(1973年)

テレビドラマ[編集]

  • ウルトラQTBS) - 杉本カメラマン
    • 第3話「宇宙からの贈りもの」(1966年1月16日放送)
    • 第22話「変身」(1966年5月29日放送)
    • 第25話「悪魔ッ子」(1966年6月19日放送)
  • 進め!青春日本テレビ
    • 第2話「ゴーゴー・レッツゴー」(1968年10月27日放送)
  • さわやか3組NHK教育
    • 第13話「ゴミすてるな!」(2000年11月15日放送)
  • OL銭道テレビ朝日
    • 第11話「銭街道に咲く一千万円の花」(2003年6月20日放送)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画人名事典』男優篇 上巻、キネマ旬報社1996年、219 - 220頁。ISBN 4873761883。
  2. ^ a b c 『東宝特撮映画全史』 東宝1983年、527頁。ISBN 4924609005。
  3. ^ a b c d e 「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」『初代ゴジラ研究読本』 洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年、115頁。ISBN 978-4800304520。
  4. ^ a b c 『モスラ映画大全』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年、29頁。ISBN 978-4862487612。