宇野精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
宇野 精一
人物情報
生誕 (1910-12-05) 1910年12月5日
日本の旗 日本東京都
死没 2008年1月7日(2008-01-07)(97歳)
出身校 東京大学
学問
研究分野 中国哲学
テンプレートを表示

宇野 精一(うの せいいち、1910年〈明治43年〉12月5日 - 2008年〈平成20年〉1月7日[1])は、日本中国学者中国哲学研究者、国語学者東京大学名誉教授尚絅大学名誉学長。國語問題協議會名誉会長[2]斯文会理事長[3]日本会議顧問[4]

経歴[編集]

1910年(明治43年)に東京に生まれる。1923年(大正12年)に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。1928年(昭和3年)に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。第一高等学校を経て、1934年(昭和9年)に東京帝国大学文学部支那哲学支那文学科卒業、同大学院に進学[3]

大学院を出た後、東方文化学院東京研究所助手、東京高等師範学校教授、東京大学助教授を経て、1955年(昭和30年)に東京大学教授、同年に論文「先秦礼思想の研究」[5]文学博士(東京大学)。東京大学退官後、同大学名誉教授、二松学舎大学教授、二松学舎大学東洋学研究所所長などを務めた[3]

1983年(昭和58年)、叙勲三等旭日中綬章2008年(平成20年)1月7日に死去。享年97。

人物[編集]

家族・親族[編集]

著書[編集]

  • 儒教概説』 日月社、1948年
  • 『中国古典学の展開』 北隆館、1949年
  • 『新釈孟子全講』 学灯社、1959年
  • 『中国の知恵 孟子のことば 性善的人生観』 黎明書房、1966年
  • 『明解孟子明治書院、1972年
  • 論語と日本の政治』 明治書院、2002年
  • 『宇野精一著作集』 明治書院(全6巻)、1986年-1990年
    1. 儒教概説・東洋哲学史ほか-巻末に年譜・著作目録
    2. 中国古典学の展開ほか
    3. 孟子 研究篇・評釈篇
    4. 支那哲学研究方法論ほか
    5. 随筆・回想・紀行ほか
    6. 國語國字問題・教育問題ほか

訳書[編集]

編著[編集]

  • 『歴史教育と教科書論争 亡国の論理を衝く』 日本教文社、1968年
  • 『戦後教育太平記 偏向の教科書裁判・日教組・教育現場の実証』 日本教文社、1971年
  • 『講座 東洋思想』(全10巻)、東京大学出版会、1975-1980年
  • 孫文から李登輝へ 日華80年の軌跡』 早稲田出版、1992年、ISBN 4898271359
  • 『書香の家 宇野精一博士米寿記念対談集』 石川忠久編、明治書院、1997年 (石川から宇野へのインタビューを通じた回想録。巻末に刊行年までの年譜を収録。)
  • 宇野哲人『清国文明記』講談社学術文庫、2006年。編・解説

※複数の漢和辞典類の編纂監修を行っている。

選者[編集]

関連文献[編集]

  • 毎日新聞「代替わり」取材班 『令和 改元の舞台裏』 毎日新聞出版、2019年。ISBN 978-4620325910。 (選書判、「~取材班」は、野口武則の別名義[13]
  • 野口武則 『元号戦記 近代日本、改元の深層』 角川新書、2020年。ISBN 978-4040823782。 

脚注[編集]

  1. ^ 宇野精一』 - コトバンク
  2. ^ a b 宇野精一名譽會長のことば すべては日本語に在り”. www.kokugomondaikyo.sakura.ne.jp. 國語問題協議會. 2020年10月30日閲覧。
  3. ^ a b c 『書香の家 宇野精一博士米寿記念対談集』年譜
  4. ^ a b 上杉聡「日本における「宗教右翼」の台頭と「つくる会」「日本会議」 (特集 戦争と疾病)」『戦争責任研究』第39巻、日本の戦争責任資料センター、2003年。
  5. ^ NAID 500000491374
  6. ^ 『書香の家 宇野精一博士米寿記念対談集』
  7. ^ a b c d 毎日新聞「代替わり」取材班 2019, p. 50-52.
  8. ^ 東京大学百年史 部局史1』東京大学出版会 1987 p.519
  9. ^ 寺田喜朗「日本会議と創価学会―安倍政権を支えるコミュニティ―」『現代宗教2017』、国際宗教研究所、2017年、 104頁。
  10. ^ 『書香の家 宇野精一博士米寿記念対談集』p.310f
  11. ^ 野口 2020, p. 209.
  12. ^ 野口 2020, p. 75.
  13. ^ 毎日新聞「代替わり」取材班 2019, p. 188f.