守ってあげたい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
守ってあげたい
松任谷由実シングル
初出アルバム『昨晩お会いしましょう
B面 グレイス・スリックの肖像
リリース
ジャンル J-POP
レーベル EXPRESS
作詞・作曲 松任谷由実
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
松任谷由実 シングル 年表
星のルージュリアン
(1980年)
守ってあげたい
(1981年)
夕闇をひとり
(1981年)
収録アルバム昨晩お会いしましょう
夕闇をひとり
(4)
守ってあげたい
(5)
カンナ8号線
(6)
ミュージックビデオ
「守ってあげたい」 - YouTube
テンプレートを表示

守ってあげたい」(まもってあげたい)は、松任谷由実(ユーミン) の17枚目のシングル1981年6月21日東芝EMIからリリースされた。1989年6月28日にCDシングルとして再リリース。12枚目のオリジナルアルバム『昨晩お会いしましょう』に収録

解説[編集]

「守ってあげたい」は1981年、映画『ねらわれた学園』主題歌として書き下ろされた。歌詞は、ラヴィン・スプーンフルの「You Didn't Have to Be So Nice(邦題:うれしいあの娘)」のアストラッド・ジルベルトのカバー・バージョンに触発されて書かれた[2]。ジルベルトは息子のマルセロ・ジルベルトと共に歌っており、日本では「ママと歌おう」という邦題で発売された[3]。歌詞にはタイトルの「You didn't have to be so nice」を使いたかったが、字余りになってしまうため「You don't have to worry」に落ち着いたという[2]

キャッチコピーは「才能のきらめきは不思議世代を惑わすか」。TBS系「第1回日本作曲大賞」で大賞受賞。TBS系『ザ・ベストテン』にも「水の中のASIAへ」ツアーの衣装で1度だけ出演した。尚、ザ・トップテンには出演しなかった。

「グレイス・スリックの肖像」は若かりし日を思い出すことで今までの自分を振り返るバラード曲。グレイス・スリックジェファーソン・エアプレインのボーカル。イントロとエンディングのフレーズはフランス民謡の「フレール・ジャック」(「アーユースリーピング」とも)からの引用。

ユーミンの出身地である東京都八王子市では、平日の14時に市町村防災行政無線で放送される。また、メロディICであるSVM7571C6Gにも収録され、パトライト製の電子音報知器に搭載されたことがある。

オリコンチャートの登場週数は29週、チャート最高順位は週間2位、累計69.5万枚のセールスを記録した[1]

収録曲[編集]

作詞・作曲:松任谷由実 編曲:松任谷正隆

参加ミュージシャン[編集]

  • ドラム:島村英二
  • ベース:高水健司
  • エレクトリック・ギター:松原正樹
  • アコースティック・ギター:瀬戸龍介
  • キーボード:松任谷正隆
  • シンセサイザー・プログラミング:浦田恵司
  • パーカッション:斎藤ノブ
  • ストリングス:トマト・ストリングス
  • コーラス:BUZZ

カバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ このCM用にアコースティックバージョンもレコーディングされたが未発売である。

出典[編集]

  1. ^ a b 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』オリコン・エンタテインメント、2012年2月、731頁。ISBN 978-4-87131-088-8。
  2. ^ a b エフエム東京サタデーアドベンチャー』1982年11月13日放送。
  3. ^ 45cat - Astrud Gilberto - You Didn't Have To Be So Nice (ママと歌おう) / Nao Bate O Coracao - Verve - Japan - DV-1016

関連項目[編集]