守屋秀繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

守屋 秀繁(もりや ひでしげ)は、日本医学者千葉大学名誉教授。第14代横綱審議委員会委員長。

千葉県山武市の守屋酒造前社長の弟である。[1]

来歴・人物[編集]

  • 1967年、千葉大学医学部卒業
  • 1968年、同大学医学部整形外科学教室入局。
  • 1975年、同大学助手医学部整形外科学。
  • 1977年、イギリスRoyal National Orthopaedic Hospitalに留学。
  • 1981年、千葉大学講師医学部整形外科学。
  • 1986年、同大学助教授医学部整形外科学。
  • 1988年、同大学教授医学部整形外科学。
  • 2004年、同大学理事。
  • 2005年、同大学大学院医学薬学府長。
  • 2007年、同大学退任、同大学名誉教授。
  • 2007年、労働者健康福祉機構鹿島労災病院長
  • 2015年1月、横綱審議委員会委員長に就任した[2]
  • 2017年1月、任期満了に伴い横綱審議委員を退任した[3]

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 『スポーツ整形外科図説』(共著、2000年)
  • 『私の膝関節手術書』(単著、2007年)

論文[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
内山斉
(読売新聞グループ顧問)
横綱審議委員会委員長
(2015年~2017年)
次代:
北村正任
(毎日新聞社名誉顧問)