守江湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
杵築城跡から見た守江湾(八坂川河口)

守江湾(もりえわん)は、大分県杵築市にある

概要[編集]

守江湾は、国東半島南部、別府湾の北東部に位置する。北部には守江港があり、西側には八坂川、高山川が注いでいる。両川の河口付近には市街地が形成され、八坂川河口の台地には杵築城天守がそびえる。湾の東側には住吉浜砂嘴が突き出す。守江湾を出てさらに東の臼石鼻を超えると、海域は伊予灘となり、白砂青松の狩宿海岸、奈多海岸が続く。

湾内には、干潮時には東西約1.5;m、南北約2kmに及ぶ広大な干潟が発達しており、生きている化石といわれるカブトガニをはじめ、アオギスなどの希少な動植物が生息する。また、鳥類の渡りの経由地及び越冬地となっており、ダイゼンメダイチドリハマシギが観察されるほか、環境省レッドデータブックに掲載されているコシャクシギ、アカアシシギホウロクシギが記録されている。八坂川河口付近は、「守江湾(八坂川河口)」として日本の重要湿地500に指定されている。

守江港西側の灘手海岸(なだてかいがん)や、杵築城の城下付近などは、アサリなどの潮干狩りで有名である。