守田勘弥 (14代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

十四代目 守田 勘弥(じゅうよんだいめ もりた かんや、1907年明治40年)3月8日 - 1975年昭和50年)3月28日)は歌舞伎役者。本名、守田好之。屋号は喜の字屋。俳名は秀佳。紋は片喰。

三代目坂東玉三郎の子。東京の生まれ。1914年7月に四代目坂東玉三郎の名で歌舞伎座にて初舞台。1926年正月に三代目坂東志うかと改名。1932年より十二代目片岡仁左衛門等と共に青年歌舞伎座を結成。その後、伯父である十三代目守田勘弥の養子になる。1933年1月に東京歌舞伎座で「三日太平記」の小西行長の役で十四代目守田勘弥を襲名。1935年初代水谷八重子と結婚。長らく夫婦で一座を結成。1950年に離婚。後舞踊家の藤間勘紫恵と再婚。

主な受賞に1966年にテアトロン賞、1975年紫綬褒章

実の娘(八重子との子)は水谷良重(後の二代目水谷八重子)、養子に五代目坂東玉三郎がいる。

今日は何の日(2月28日

もっと見る

「守田勘弥_(14代目)」のQ&A