守谷市役所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
守谷市役所
守谷市役所
情報
旧名称 守谷町役場
用途 市庁舎
設計者 日本設計
施工 大林組・松丸工業
建築主 守谷市
事業主体 守谷市
管理運営 守谷市
敷地面積 34,000 m²
階数 地上8階(展望台部分含む)
開館開所 1990年5月
所在地 302-0198
茨城県守谷市大柏950番地1
座標 北緯35度57分5秒 東経139度58分31秒 / 北緯35.95139度 東経139.97528度 / 35.95139; 139.97528座標: 北緯35度57分5秒 東経139度58分31秒 / 北緯35.95139度 東経139.97528度 / 35.95139; 139.97528
テンプレートを表示

守谷市役所(もりやしやくしょ)は、日本地方公共団体である守谷市の執行機関としての事務を行う施設(役所)。

概要[編集]

1955年昭和30年)3月1日の合併によって誕生した守谷町役場を前身とする。当初、庁舎は(旧)守谷町役場(現在の守谷市商工会の位置)を使用し[1]、旧大井沢村、大野村、高野村役場が支所として機能していた[2]。その後、1959年(昭和34年)に役場を守谷字仲町(現:本町字仲町。現在の仲町行政サービスセンターの位置)に移転すると同時に支所を廃止[3]1990年平成2年)5月には再度の移転で現在地に立地する。

本庁舎(守谷市役所)[編集]

1990年(平成2年)5月に守谷町役場として開庁し、市制施行後は守谷市役所として使われている。設計監理は日本設計によって行われ、南に沢と松林がある景観を生かし、駐車場の南端を展望広場としたり、最上階に展望スペースを設けた35mのシンボリックタワーを配置している[4]

住所:〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地1
アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス関東鉄道常総線守谷駅よりバス「守谷市役所」下車徒歩2分

仲町行政サービスセンター[編集]

旧守谷町役場跡地に開設された行政サービスセンター。銚子街道沿いの旧市街地にあり、市役所で行っている一部の業務はこちらでも行われている。

住所:〒302-0109 守谷市本町字仲町631番地1
アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス関東鉄道常総線守谷駅よりバス「保健センター」・「仲町」下車徒歩1分

取扱業務内容

  • 戸籍謄抄本の交付。
  • 住民票の写しの交付。
  • 印鑑登録証明書の交付。
  • 市税等の諸証明の交付。
  • 公印の管守に関する業務。
  • 税及び手数料等の現金取扱い業務。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 守谷現代史
  2. ^ 守谷町合併史
  3. ^ 守谷現代史
  4. ^ 近代建築 Vol.46 JANUARY 1992